パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

Evernote

Evernoteを中心とした活用法を考える

2019/07/27

 

この春は何かと試行錯誤の日々・・・すでに真夏になってしまいましたが、その試行錯誤は続いています。

そのひとつが、Evernoteを中心とした各種サービスの活用法です。

 

Evernoteでお客様台帳

発端は仕事のデータ管理。
ファイルをフォルダで管理するだけでは限界がきてしまい、流行りのCRM(カスタマー リレーションシップ マネジメント)なども試用してみましたが、CRMでは規模が大きすぎて身の丈に合わず・・・。

それで、Evernoteでお客様単位でノートブックを作り、そこにクラウドストレージのデータをリンクするスタイルでシステムを構築しました。

 

データはクラウドストレージに置く

Evernoteに直接ファイルを保存しておくこともできますが、そうすると必ずEvernote経由になってしまい、それはそれで不便なこともあるので、データはこれまで通りOneDrive for Businessで管理し、そのフォルダやファイルのリンクをEvernoteに置くことにしました。

Googleドライブは正式にEvernote連携機能があるので見た目もきれいにリンクできますが、OneDriveはURLがそのまま出てしまうので見た目はちょっと残念。
Evernoteの表機能を使って少し見やすく調整しています。

 

OfficeファイルはOneDriveではOfficeオンライン、GoogleドライブではGoogleスプレッドシートなどのオンラインアプリで開きます。
デスクトップアプリで起動するよりブラウザベースで開いた方が速いし、アプリがインストールされていないパソコンでも使えるので何かと便利です。

 

備忘録的なものは直接ノートにメモしたり、表を使って記録しておきます。
単純にメモしておくより、表にしてメモしておくと見やすくていいですね。

 

各種サービスとの連携機能も活用

Evernoteには様々なサービスとの連携機能があるので、それらの機能も活用できるように設定しています。

OneDrive・Googleドライブ・・・データ保管とリンク

Gmail・・・お客様やプロジェクトの関連メールをEvernoteの該当ノートブックに保管

Slack・・・Evernoteへメモしたり、SlackからEvernoteを検索するなど

Toodledo・・・契約更新などのルーチンタスクの管理 Toodledoの該当する表示のURLをリンクしておき、一発表示させます

 

まとめ

まだまだ試行錯誤の段階ですが、このまま成長させて上手く使えるようになったらいいなーと思っています。

OneDriveが連携機能を持ってくれるといいんですが、マイクロソフトは自前でOneNoteやってるから、難しいかな。(苦笑)

 

Evernoteは個人プランのプレミアムです。

Evernote Businessも試用してみましたが、共有する相手もいないし、個人アカウントと切替ながら使うのが面倒なので、プレミアムOK。
有料ですが、それだけの価値はあると思って使っています。

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-Evernote
-,

Copyright© penchi.jp , 2019 All Rights Reserved.