パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

iPhone・iPad

iPhoneの買換時に下取りに出さない方がいいかも

2019/07/20

 

iPhoneの買換の際に、今まで使っていたiPhoneを下取りに出す方も多いですが、次期iOSの機能を十分に活かすためには下取りに出さずに持っていた方がいい、という環境の方も出てくるようです。

 

iPhoneの下取りはよく考えてから

iPhoneは2年くらい使用してもそこそこいい価格で下取りしてもらえるし、使わないiPhoneがお金になるのはラッキー、ということで買換時には旧端末を下取りに出す方も多いですね。
@penchiも毎回下取りに出しています。

しかし、次期iOSであるiOS 13では、その機能を十分に活かすためには旧端末を下取りに出さない方がいい方もいますので注意が必要です。

 

その理由は iOS 13に搭載される Find My

この秋に公開予定の iOS 13 には、Find My という機能が搭載されます。

Find Myは、紛失や盗難に遭ったiOSデバイスの位置を、端末がオフライン状態でも探せるという機能です。

今も「iPhoneを探す」というアプリがありますが、これは対象のiOSデバイスの通信が切られてしまうと、そこからの追跡はできません。

しかし、Find MyはiOSデバイスの通信が切られている場合でも、Bluetoothを利用して位置情報を特定することができるそうです。(現時点ではその仕組みの詳細は不明。)

 

 

Find Myには2台のAppleデバイスが必要

Find Myを使うには重要な条件があります。

それは、Appleのデバイスを2台以上持っていること

Find Myでは、秘密鍵と公開鍵のペアを利用するため、秘密鍵を持っている、つまり自分のデバイスが1つ以上手元に残っている必要があるのです。

 

どうやら身内や友人など、自分以外のAppleデバイスを使ってFind Myを利用することはできないようで(セキュリティ上当然かも)、多分自分のApple IDで管理されているAppleデバイスを使う必要があるのだと思います。

 

Appleデバイスというくくりなので、iPhone・iPad・Mac・iPod Touch が利用できるということになります。

iPhone以外にも自分のAppleデバイスを持っている方は問題ありませんが、AppleデバイスはiPhoneだけという方の場合、紛失や盗難などでFind Myを使いたくても自分の2台目のAppleデバイスがないので利用できないという事態になります。

 

下取りは自分の環境を考えて慎重に

2台以上のFind Myに対応したAppleデバイスを持っている方はiPhoneを下取りに出してもFind Myを利用できますが、今持っているiPhoneのみという方は、Find Myを使いたいなら買換時には下取りに出さないでおく必要があります。

あまり古いAppleデバイスだと、新しいOSが利用できないためFind Myが使えませんので、手元に残すとしても、そこそこ新しいデバイスである必要があります。

iPhoneの下取りは、自分の環境をよく考えて行うようにしたいですね。

 

Find Myに関する情報は下記の記事も参考になります。

 

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-iPhone・iPad
-

Copyright© penchi.jp , 2019 All Rights Reserved.