Todoistへのタスク追加、iPhoneではDrafts経由が快適

Hd dfto

Todoistへのタスク追加、MacやPCではSlack経由がサクサクいけて快適ですが、iPhoneではDrafts経由が快適です。

スポンサーリンク

iPhoneのTodoistタスク追加はDrafts経由が快適!

SlackとTodoistが連携し、SlackからTodoistへタスク追加するということができ、これがサクサクいけて快適・・・なわけですが、iPhoneではDrafts経由が快適で愛用しています。

SlackからTodoistにタスクが追加できるようになったので早速試してみた – penchi.jp

Draftsはテキストエディタですが、Todoistを始め、EvernoteやUlyssesなど様々なアプリに送ることができるので、iPhoneでの入力用ハブとして使っています。

使用頻度が高くなったのでめでたくドック入りしました。

Img df01

DraftsからTodoistにタスクを追加する

気づいたこと、思いついたことや、記入したいタスクが発生したら、まずDtaftsをタップし、サクッとメモ・・・入力できたら右上の四角いアイコンをタップします。

Img df02

Draftsにあらかじめ設定してある送り先が表示されるので、ここで送り先を指定します。
今回はTodoistなので「New Todoist Task」をタップします。

Img df03

Draftsには保存したデータを使ったアクションや起動するアプリを設定する機能があり、レシピも用意されているので、様々な設定ができます。

Todositのタスク追加ウインドウにタスクが入力された状態で起動します。

Img df04

プロジェクトや期限、優先度、ラベル等を設定したら、右上の「完了」をタップします。

Img df05

Todoistにタスクが追加されました。

Img df06

Draftsには入力したデータは残っていますので再利用もOK。
よく入力するようなことは、定型のフォーマットを作っておけば効率的です。

Img df07

まとめ

DraftsはMarkDownにも対応している高機能エディタです。

アクションや送り先アプリの設定や、共有機能があるので、とりあえずDraftsを起動してメモし、それを目的のアプリに送る、といった情報のハブ的な使い方ができます。

メモしたものは自動的にDraftsのファイルとしてまとめて保存され、iCloudを使って、iPadなど他のデバイスのDraftsと同期することもできます。

Todoist: Todoリスト | タスク管理

無料
(2016.05.08時点)
posted with ポチレバ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする