クラウドサービス 新着記事

WindowsでiCloudを活用する方法

 

iCloudというとiPhoneやMacで使うもの・・・というイメージがありますが、Windowsで利用することもできます。

 

WindowsでiCloudを活用する

この秋にApple Oneのサービスが始まり、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、そしてiCloudドライブ50GBの4つが、月額1,100円で利用できるようになりました。
特にiCloudドライブの容量不足で悩んでいた方には、他のサービスと合わせるとなかなかお得なサービスということになるかと思います。
iCloudはiPhoneやMacのもの・・・というイメージを持たれる方も多いかと思いますが、Windowsでも利用することができます。

 

Windows用iCloudをインストールする

AppleはWindows用のiCloudアプリを提供していますので、これをインストールすることで、iCloudドライブとiCloud写真が利用できるようになります。

 

iCloudアプリをインストールすると、Windowsのエクスプローラーの左側に、iCloudドライブとiCloud写真が表示されます。

 

iCloudドライブはOneDriveやDropboxのようなクラウドストレージとして利用可能です。

 

iCloud写真は、iPhoneやiPadのカメラロールを共有することができます。

 

ブラウザでiCloudサービスを使う

iCloudはブラウザで利用することもできます。

https://icloud.com/

上記URLを開くと、iCloudへのログイン画面になるので、お使いのApple IDでログインします。

 

iPhoneでお馴染みのアイコンが並んでいますが、これらのサービスをブラウザで利用できます。

 

WindowsでもiPhoneの連絡先やメモ、メールを利用することができるのは便利ですね。

 

まとめ

iPhoneを使っているけどパソコンはWindows、という方は多いと思いますが、パソコンでもiCloudを使えると、便利さがぐっと増します。

@penchiもApple Oneに加入し、iCloudドライブの容量が50GBに増えたので、WindowsパソコンでのiCloud活用を本格的に進めています。

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-クラウドサービス, 新着記事
-, , ,

© 2021 penchi.jp