パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

ソフトウェア 新着記事

Slackのサイドバーに “全未読“ を表示すると超快適!

投稿日:

 

Slackに情報を集約しチェックする、ということをやっているのですが、チャンネル毎にチェックしていくのも大変・・・と思っていたら、“全未読” なる表示があるではありませんか!

この設定を有効にしただけで、未読チェックが10倍速くなりました!!

 

Slackのサイドバーに“全未読”を表示する

Slackの初期設定では、サイドバーに“全未読”という項目は表示されていません。

まず、ワークスペース名をクリックして設定メニューを表示します。

 

表示されたメニューのユーザー名下部にある 環境設定 をクリックします。

 

環境設定の その他のオプション に 全未読を表示する という項目があるので、ここのチェックを入れます。

 

全未読を表示する にチェックを入れると、サイドバーの最上部に 全未読 という項目が表示されます。

 

全未読 を使ってみる

サイドバーに表示された全未読は、未読があれば太文字で表示され、クリックすると全チャンネルの未読が一覧表示されます。

表示はチャンネル毎に表示され、既読処理もチャンネル単位で処理できます。

 

未読一覧の最下部には 全てのメッセージを既読にする というボタンもあり、ここで全未読を一括で既読にすることもできます。

 

全ての未読が処理されると、メッセージが表示されるのですが、これにはいくつかのバリエーションがあり、毎回違った表示をします。

 

まとめ

@penchiのSlackはひとりSlackなので、コミュニケーションツールではなく、様々な情報を集約してチェックするためのツールです。

メールやFeedを利用してSlackに送ったり、TwitterのようにSlackとの連携機能を使って自己ツイートや特定のアカウントのツイートを集めたり、IFTTTを使って他のサービスを連携したりといったことをやっています。

 

集めた情報を効率よくチェックしていくには、全未読表示はとても便利です。

Slackのチェックを効率よく行いたい! という方は、全未読 の利用をしてはいかがでしょうか?

 

Slackの有料プランをお得に使う方法

Slackは無料で利用できますが、様々な制限があります。
特に@penchiが気に入っているメールを使った連携機能は、有料のプランでないと利用できません。

Slackには紹介リンクがあり、このリンクからユーザー登録をすると100ドル分のクレジットポイントをもらうことができるので、初年度は無料でスタンダードプランを使う事ができます。(ドル建ての場合、スタンダードプランは80ドル/年です。)

紹介リンクを貼っているユーザーは、紹介リンク経由で登録し有料プランに申し込んだユーザー1人あたり100ドルのクレジットポイントがもらえるので、うまくすると翌年からも無料で使い続けることが可能になります。

下記のリンクから新規登録すると100ドル分のSlackクレジットポイントがもらえますので、これからSlackを始めたいという方は、下記のリンクから登録して100ドル分のポイントをもらっちゃいましょう!

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-ソフトウェア, 新着記事
-

Copyright© penchi.jp , 2019 All Rights Reserved.