パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

ソフトウェア

TeamsからSlackに出戻りました

投稿日:

 

この3月にSlackからTeamsに移行したのですが、Teamsを3ヶ月使った結果・・・Slackに出戻りました。

 

TeamsからSlackに出戻りました

Slackの有料プランの価格が気になって、代替えのサービスはないかと探し、Office 365 のプラン変更をして マイクロソフトのTeamsを使えるようにしました。

SlackからMicrosoft Teamsに乗り換えました

TeamsはマイクロソフトがSlack対抗でつくったサービスということで、Slackライクに使え、さらにOffice 365サービスとの親和性も高いので、充実したサービス内容でした。

・・・が、実際に使っていくうちに気になるところが出てきて、Office 365サービス以外も使うようになり、Teamsの魅力も半減し、結果Slackに出戻ってしまったという次第です。

 

Teams導入のきっかけ

Slackは無料でも利用できますが、アプリ連携機能(インテグレーション)で、各チャンネルにメールを送るというEmail連携の機能は有料プランでないと使えない、インレグレーションの数は無料だと10個までといった制約があります。

@penchiはEmail連携機能は必須なので有料のスタンダードプランを使っていましたが、年額10,200円という金額に迷いがありました。

そこで、Slackに代わるサービスを探していて見つけたのが、マイクロソフトのTeams。
Office 365 サービスのひとつで、契約しているOffice 365 Businessの上位プラン Office 365 Business Premiumにすると利用できます。
その差額は年額で5,520円とSlackの半額で済みます。

Office 365 Business Premiumでは、Teamsの他にPlannerやSharePointなど、Office 365サービス大半のものが使えるようになるので、費用対効果も抜群! ということで導入したのでした。

Microsoft PlannerはTrelloライクでTeamsとの連携もGood!

Microsoft Teams - グループ チャット ソフトウェア

 

Teamsがよい点

  • チャンネル毎にメールアドレスを設定して送ることができる  (Slackは有料のみ)
  • RSSやTwitterなど必要な連携機能はほぼある
  • タブ機能(Slackにはない)
  • SharePointやPlanner、Trello等をTeamsで利用できる

Slackでやっていたことはほぼできる上に、Teamsならではのタブ機能は便利です。
タブにPlannerやTrello、OneNoteなどのサービスを設定すると、Teamsの中でそれらのサービスが使えます。
チャンネル単位で使いたいサービスをタブに設定しておくと、Teamsの中で済んでしまうという快適な環境になります。

また、Office 365サービスとの連携はさすがで、SharePointと連携しておけばファイルもTeamsの中で操作できるし、OneNoteでメモを管理することも可能。Office 365サービスのハブとして利用できるサービスです。

 

 

Teamsがダメな点

  • 複雑でわかりにくい
  • PlannerにTrelloのようなウェブクリップ機能がない
  • フォントが小さいなど見た目が好きになれない

Office 365サービスというか、マイクロソフトのサービス全体に言えることですが、すべてにおいてわかりにくいです。
サービスの内容、使い方もですが、Office 365サービスの全体の仕組みがわかりにくく、何度無駄な設定をしたかわかりません。
企業向けなので、サービスを仲介するベンダーさんが説明してくれること前提なのか? と感じるくらいで、個人でひっそり導入するにはなかなかハードルが高いサービスだと感じました。

Trelloライクに使えるPlannerはまだまだ未熟で、Trelloのようなウェブクリップを送る機能もなく、ブログのネタ集めに使っている身としては致命的な機能不足でした。

 

 

Slackに出戻った理由

Plannerの機能不足でTrelloに出戻り、SharePointとOneDrive for Businessの二重構造で混乱し、結果的にTeams以外はTeams導入前と変わらない状態になってしまったので、それならSlackの方がいいか・・・ということで、Slack回帰を決意しました。

改めてSlackを設定してみると、様々なサービスとの連携機能はSlackの方が1枚も2枚も上で、改めてSlackの実力を実感。
今まで以上に使い込んでいけば、年額10,200円のモトは取れると思いました。

そんなわけで、この7月から改めてSlackを活用しています。

 

よりシームレスなチームワークを実現する、ビジネスコラボレーションハブ

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-ソフトウェア
-,

Copyright© penchi.jp , 2018 All Rights Reserved.