パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

ソフトウェア

SlackからMicrosoft Teamsに乗り換えました

投稿日:2018/03/31 更新日:

Ec slacl teams

 

ここ2年くらい使っていたSlackですが、色々と検討し、MicrosoftのTeamsに乗り換えました。

 

ひとりSlackのため乗り換えの障壁はない

大前提として@penchiのSlack使いはひとりSlackのため、コミュニケーション機能は使用してない、相手もいないため、サービスの乗り換えは自由です。

Slackの使い方としては、種々の情報を集めることと、ちょっとした思いつきやTodoのメモ、ひとりTwitter的なつぶやきなどです。

 

Slack有料プランの料金への迷い

Slackは現在有料プランのスタンダードを利用していますが、料金は年払いで10,200円(月あたり850円)と結構なお値段です。

Img slack01

 

大抵のことは無料のプランでもできるのですが、各チャネル毎にメールを送る という機能は有料のプランでないと利用できないという仕様で、実質的にこのために有料プランを使っていたという状態。
有料プランになれば様々な機能が使えますし、保存したデータの検索範囲が大きくなるなど、メリットは多いのですが、この1年使ってみてそこまでの機能はいらなかったです。

メールで送るために年間1万円か、という迷いが・・・。

 

Slackに代わるサービスを探す

Hangouts Chat

最初に目を付けたのが、Hangouts Chat。
Googleの提供する G Suite で新たに始まったコミュニケーションツールで、Slack的な使い方を目指したツールです。

Hangouts Chatを利用するには、G Suiteを契約しなければなりませんが、1ユーザー年額6,000円とSlackのスタンダードプランより安いです。

Img gs01

 

独自ドメインでGmailなどのGoogleサービスが使えるし、容量も30GBまであるので、その点でも魅力的です。

試用期間があるので予備のドメインを使って設定して試用してみたところ・・・。

各チャネル(ルーム)毎にメールを送る機能はない(サポートに確認済み)し、その他の機能もまだまだ。
Hangouts Chatはできたてのサービスなので、機能的には物足りない状態。
今後のサービスに期待しつつ、試用中に契約を解除しました。

 

Microsoft Teams

次に調べたのが、Microsoft Teams。
Office 365サービスのひとつで、Office 365 Business PremiumやOffice 365 Business Essentialsで利用できます。

Download 2

 

@penchiはOffice 365 Businessを利用中なので、Business Premiumにプラン変更(実際はひとつのアカウントでサービスを解約・契約)することで利用でき、その差額は月額460円×12ヶ月=5,520円。
これなら負担額はSlackのスタンダードプランの約半額です。

調べてみると、各チャネル毎にメールで送る機能もあるし、RSSやTwitterとの連携、Google Analyticsとの連携まで用意されていることがわかりました。

手続きも簡単のようだったので、早速Office 365 BusinessからOffice 365 Business Premiumへ変更。

実際に使ってみると、他のOffice 365のサービスとの連携機能も豊富で、それ故に戸惑うこともありますが、@penchiがこれまでSlackでやっていたことは、Teamsでできることがわかりました。

Img teams01

 

さらにTrello的なサービスのPlannerもあり、Treamsと連携できてめっちゃ便利、ということも発見!

そんなわけで、SlackからTreamsへ全面乗り換えを実施しました。

 

まとめ

Slackの本来の使い方はチームで仕事をすすめるためのコミュニケーションツールなので、チームで使っている場合は自分の都合で乗り換えることはできませんし、豊富な連携機能はSlackの大きな魅力です。・・・@penchiも有料プランがもう少し安かったら乗り換えることはなかったかもしれません。

しかし、法人向けのOffice 365を利用しているユーザーの場合はTeamsを含んだプランを契約すれば使えるので、Slackを導入するよりいいかもしれませんね。

 

いずれにしてもサービスにはそれぞれ特徴や機能があるので、自分の現状や使い方、要求することをよく考えて検討することが大切、ということを実感しました。

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-ソフトウェア
-,

Copyright© penchi.jp , 2018 All Rights Reserved.