SlackからTodoistにタスクが追加できるようになったので早速試してみた

Slack

Todoistさんの日本語ブログで Todoist連携アプリに人気チャットツール「Slack」が参加 という記事を読んだので、早速連携して試してみたところ、サクッとタスクが追加できて快適!

Todoistで入力するより楽かも! って感じるくらいです。

スポンサーリンク

SlackからサクッとTodoistにタスクを追加できて快適!

SlackとTodoistの連携方法詳細は、Todosit日本語ブログの記事にあります。

Todoist連携アプリに人気チャットツール「Slack」が参加 | Todoist Blog (日本語)

上記URLを開いて [Add to Slack]のボタンをクリックし、連携させればOKです。

SlackからTodoistにタスクを追加してみる

Slackではチャネルとダイレクトメッセージ、どちらでもタスクが追加できます。
@penchiはひとりSlackなので(汗)、チャネルから追加します。

チャネルはどれでもOK。今回は #general を使います。

Img sl01

Todoistに追加質にはメッセージの先頭に /todosit を入力しますが、/todo まで入力すると、連携アプリの候補と文法のガイドが表示されるので、ここでEnterを押せば /todoist が入力されます。

Img sl02

/todoist の後にタスクの内容を入力し Enterを押します。

Img sl03

Todoistへの送信が完了しました。

Img sl04

Todoistを確認すると・・・インボックスにタスクが追加されています。

Img sl05

Todositのプロジェクトとラベルを指定してタスクを追加することもできる

SlackからTodoistへ送るための文法は下記になります。

/todoist ・・・ Todoistへの入力を開始(Todoistへ送ることを指定する)

# ・・・ プロジェクト

@ ・・・ ラベル

これを使って、プロジェクトとラベルを指定してタスクを追加してみます。

/todosit SlackとTodoistを連携する #test @pc

Todositのプロジェクト test に、pc というラベルを貼って、「SlackとTodoistを連携する」というタスクを追加します。

Img sl06

送信が完了しました。

Slackに表示されたメッセージに、ProjectとLabelsの表記が追加されています。

Img sl07

Todositを確認してみると、testというプロジェクトに pcというラベルが付いた状態でタスクが追加されています。

Img sl08

日本語プロジェクトは反映されない

@penchiはTodoistのプロジェクト名は日本語で設定していますが、SlackからTodoistに送る際のプロジェクト指定では、日本語のプロジェクト名は反映されないようです。

Img sl09

日本語のプロジェクト名を入力してもインボックスに入ってしまします。

Img sl10

ラベルは日本語も使えるようです。

Img sl11

まとめ

SlackからTodoistにタスクを追加するのは実に簡単です。

Todoistへ送る指定も /todo まで入力すればいいですし、プロジェクトやラベルの文法も簡単です。

@penchiは、プロジェクトが日本語なのでこれを指定する機能は使えませんが、GTDライクに考えれば

Slackでタスクのみをインボックスに追加する
     ↓
Todoistのレビュー時に仕分け

という流れでいくので、問題はありません。

タスク追加の際は、ひたすらサクッと追加したいので、「/todoist タスク名」 で、ガンガン送っていくことになりますね。

悲しいかな、ひとりSlackなので、Slack自体をまだアクティブに使うという環境がないのですが、こういった連携サービスが使えるようになると、Slackをハブとして使うことができそうで、ちょっとワクワクしています。

Slack: Be less busy

To-Doリストとタスク管理。無料、簡単、オンラインとモバイル用: Todoist

スポンサーリンク

シェアする

フォローする