penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

Windows 10にアップグレードしたパソコンでは回復ディスクを作っておくべき

   

IMG 20150818 162319

 

Windows 10の公開以来、手持ちのパソコンのWindows 10アップグレードをしながら、あれこれ検証しています。

Windows 10の無償アップグレードが発表された時から気になっていたのが・・・

一旦Windows 10にアップグレードしたパソコンが故障等でハードディスク(HDD)やSSDのドライブを交換する場合、Windows 10でセットアップすることができるのか?

・・・ということ。

元々がWindow 7や8/8.1のパソコンの場合、ライセンスを持つOSは購入時のOSであり、リカバリーディスクやインストールメディアでセットアップすれば、Window 7や8/8.1に戻ります。

Windows 10の無償アップグレード期間中であれば、再度アップグレードすることができますが、1年後の無償アップグレード期間終了後はアップグレードができなくなるはずです。

せっかく最新のWindowsを使えるようになったのに、HDD等の故障で元に戻ってしまうのは残念・・・Windows 10アップグレード後は万一の故障の際も修理してWindows 10を使い続けることが出来ないのか?

 

Windows 10の回復ディスク

Windows 8以降、Windowsには回復ディスクを作成する機能があります。

回復ディスクは、USBメモリにWindowsのリカバリー用のドライブを作る機能で、これがあれば、HDD等を新しいものに交換しても、Windowsをセットアップすることができます。

P1090214

 

回復ディスクはそのパソコン専用でライセンスも含まれる

回復ディスク作成後、そのパソコンのHDDを交換し、回復ディスクを使ってWindows 10のセットアップを実施してみました。

P1090215

P1090221

 

指示に従って作業していくと、Windows 10が起動します。

P1090236

 

ライセンスを確認すると、きちんと「Windowsはライセンス認証されています」との表示があります。
※セットアップ後、インターネットを使って再度ライセンス認証をしています。

P1090239

 

Windows 8以降、パソコンにプロダクトキーが記入されているシールが貼られなくなりました。

「プロダクトキーはWindowsに格納されている」ということだそうですが、回復ドライブではこのプロダクトキーも一緒に保存されているみたいで、作成したWindowsはインターネットで再認証ができるようになっています。

Windows 10の回復ドライブで再セットアップ→ライセンス認証OK | penchi.jp

 

回復ドライブはそのパソコン専用のものであり、他のパソコンでは利用できないと思います。
実証していないので明言はできませんが、ライセンス認証ができるということは、そのパソコン固有のものになるので、流用はできないはずです。

また、作成するパソコンによって回復ドライブに必要な容量も違う(@penchiのところでは、4GBのもの2台、8GBのもの1台でした。)ので、そのパソコン専用の回復ドライブになると思われます。

 

Windows 10アップグレード後は回復ドライブの作成を忘れずに!

パソコンの故障で圧倒的に多いのがHDDの故障。
HDDが故障すれば交換することになりますが、この際に再セットアップをしなければなりません。

通常のパソコンではリカバリーディスクやWindowsのインストールディスクを使ってセットアップしますが、Windows 10にアップグレードしたパソコンを、再度Windows 10でセットアップするには、回復ドライブが必要となります。

Windows 10にアップグレードしたら、まずは回復ドライブを作成しておきましょう。

回復ドライブの作成にはUSBメモリ(4〜16GBのもの)があればOK。
作成に要する時間は1時間程度です。

 

注意点

回復ドライブでセットアップされるWindows 10は、Windowsのみで、Office等のソフトは別途インストールすることになります。

アップグレード以前からプレインストールされていたソフト等は、リカバリディスク等からインストールできる場合は復旧できますが、それができない場合は復旧することができませんのでご注意下さい。

いずれにしても、Windows 10アップグレードは自己責任で行うものということを忘れずに取り組みましょう。

 

 

 - PC