PC

Windows 7からWindows 10への無償アップグレードは今でもできる?

 

Windows 7や8.1からWindows 10への無償アップグレードは2015年7月29日のWindows 10公開日から1年間、ということでしたが、現在でも無償アップグレードができるようです。

 

Windows 10への無償アップグレードは今でもできる

自分自身で試したことではないのですが、@penchiの友人が行ったところ、Windows 7からWindows 10への無償アップグレードは可能でした。

Windows 7のパソコンでWindows 10のサイトにアクセスし、インストールを実施すると、スムーズに進んでアップグレードできたそうです。

また、下記のような情報もあります。

 

Windows 7のプロダクトキーで新規インストールも可能

これは実証済みのことですが、Windows 7のプロダクトキーを使って、Windows 10の新規インストールは可能です。

その手順は下記の通り。

  1. Windows 10のインストールメディアを作る
    インストールメディア(DVDまたはUSBメモリ)は下記のサイトで作成できます
  2. インストールするWindows 7パソコンのプロダクトキーをメモする
    プロダクトキーはパソコンに貼られています
  3. インストールメディアから起動し、指示に従ってインストールする
  4. プロダクトキーの入力を求められたらメモしたプロダクトキーを入力します
  5. インストール完了!

<注意>

この方法ではデバイスドライバーがインストールされなかったり、適切なものではなく、使用できないデバイスができることがあります。個別にドライバーを探してインストールすることで利用できますが、見つけられない場合もあります。

パソコンメーカーもマイクロソフトも保証外の行為ですし、あくまでも自己責任で行うことですので、チャレンジする際はその点を了承し行ってください。

 

まとめ

知っている人だけができる、抜け道のような状態ですが、マイクロソフトがこのような抜け道を塞がないのは、Windows 10のライセンス収入より普及を重視していることが原因なのでは? と言われています。

無償アップグレードが終了した理由は小売業者からの圧力によるもので、マイクロソフトが望んで行ったものではなかった、という噂もあります。

AppleがMacのmacOSを毎年バージョンアップしてきますが、該当するMacであれば、すべて無料でバージョンアップでき、最新のOSを利用することができます。マイクロソフトもこの路線を意識しているのかもしれませんね。

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-PC
-, ,

© 2020 penchi.jp