penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

iPadでOfficeファイルを扱うならSkyDriveが便利!

   

Skydrive

 

ども! @penchi です。

iPadなどの非Windowsタブレットが、パソコンの代わりにならない大きな要因が、マイクロソフトOfficeのアプリがない ことだと思います。

マイクロソフトが、iOSやAndroidで使えるOfficeを発売したら相当の売り上げになると思いますが、自社製タブレット Surface の首を絞めるようなことになるので、発売しないんでしょうね。・・・Surfaceなら、Officeが使えますよ! ってのが殺し文句になりますもんね。^^;;

 

SkyDriveならOffice Web Appが使える!

マイクロソフトではOfficeアプリをブラウザで利用できる Office Web App があります。

これを利用するには、SkyDriveにOfficeファイルを保存すればOK。ファイル形式にあったアプリで表示し、編集も可能です。

 

iPadでOffice Web Appを使ってみる!

SkyDriveにファイルを保存したら、iPadのSafariでSkyDriveにアクセスします。

SkyDriveのURL → http://skydrive.live.com/

表示された画面右上にある歯車のアイコンをタップし、オプションを選択します。

IMG_0018

 

オプションの「Officeファイルの選択」をタップし、Officeドキュメントの規定値を設定します。

Microsoft Office Open XML形式 にチェックを入れ、保存します。

IMG_0014

 

SkyDriveのサイトでファイルをタップし、利用したいOfficeファイルのあるフォルダを開きます。

下記のように、Excelファイルは、Excelのアイコンになっています。

IMG_0015

 

ファイルをタップすると、Excel Web Appが起動し、Excel画面でファイルが開きます。

IMG_0016

画像を貼り付けたレイアウトもほぼ正確に表示されます。
また、タブをまたいだ関数も正常に利用できるなど、機能も充実しています。

IMG_0017

 

Office Web Appは、さすがにマイクロソフト純正のウェブアプリなので、互換性もバッチリです。

SkyDriveを使うことで、PCとiPad等の連携も取りやすいです。Officeファイルをよく使う方は、SkyDriveにまとめて連携させておくと便利に使えるのではないでしょうか?

※Office Web Appは、PCやMacのブラウザでも利用可能です。

SkyDriveは、無料で取得できるマイクロソフトアカウント(Windows Liveのアカウント)で利用できます。

 

AppBankさんのページでは、さらに詳細な解説がありますので、利用される方はぜひ参考に!

SkyDriveを使えば、iPadからWord/Excel/PowerPoint書類が作成できる! - たのしいiPhone! AppBank

 

無料
(2013.05.17時点)
posted with ポチレバ

 - クラウドサービス ,