iPhone・iPad 新着記事

iPhoneのデフォルトブラウザとメールを好みのアプリに変更する方法

 

iPhoneやiPadはこれまではデフォルト(標準)のブラウザやメールを変更することができませんでしたが、iOS 14から好みのブラウザやメールアプリに変更することが可能になりました。

 

iPhoneのデフォルトブラウザとメールアプリ

iPhoneやiPadでは、ブラウザはSafari、メールはメールアプリがデフォルト(標準)で変更することができず、メール等のリンクをタップすれば必ずSafariが開き、メールアドレスをタップすればメールアプリが開く、という仕様でした。
パソコンのアプリと同期している関係でメインのブラウザをChromeにしたくてもiPhoneではできなくて不便を感じることも度々・・・。

しかし、iOS 14でその仕様も変更され、デフォルトのブラウザとメールアプリを変更できるようになりました。

 

デフォルトのブラウザを変更する

まず設定アプリを開き、下にスクロールしてデフォルトにしたいブラウザを表示します。

 

今回はデフォルトブラウザをChromeにするので、Chromeをタップします。

 

標準設定では デフォルトのブラウザApp が、Safari になっていますので、ここをタップします。

 

iPhoneにインストールされているブラウザが表示されるので、ここでChromeをタップします。

 

戻ってChromeの設定を見ると、デフォルトのブラウザAppが、Chromeになっています。
これで設定は完了です。

 

デフォルトのメールアプリを変更する

@penchiは、メインのメールアプリにSparkを使っているので、メールアプリも変更します。

ブラウザ変更時と同様に、目的のアプリである Spark を探してタップします。

 

デフォルトのメールApp が メールになっているので、ここをタップします。

 

インストールされているメールアプリ一覧から、Spark をタップします。

 

Sparkの設定で、デフォルトのメールApp が、Spark になりました。

 

まとめ

ブラウザやメールはよく使うアプリなので、自分の気に入ったアプリがスムーズに使えるに越したことはありません。
これまでは、iOS標準仕様を変更することができず、不便を感じていましたが、Appleもやっと柔軟に対応するようになり、不便を解消することができました。

あとは日本語IMEを変更した際に、外付けキーボードが問題なく使えるようになるといいなぁ。
iPad+キーボードでATOKが使えると、パソコンの辞書の共有ができるので、ぐっと便利になるのですが・・・。

 

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-iPhone・iPad, 新着記事
-, ,

© 2020 penchi.jp