パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

ソフトウェア

Slack導入〜Slackでコードをメモする方法

投稿日:

Ec slack00

 

少し前からSlackというサービスを使ってみたくて、あれこれと格闘しています。

英語のサービスなのでハードルが高く苦戦中ですが、少しずつ勉強しています。

英語が苦手でもOK! 海外ウェブサービスの使用に役立つ記事を見つけた

 

Slackでコードをメモする方法

Slackはプログラマーがコードの編集などで情報を共有しながら進めていくツール・・・ということで開発されたそうです。

@penchiも、WordPressのカスタマイズやウェブサイトの制作で、多少コードをいじることがあるので、それらのメモツールとして利用したい、という思いがあります。

 

投稿時にコード投稿用のオプションがあった

Slackの投稿用の窓左側にある「+」マークをクリックすると、投稿時のオプションメニューが表示されます。

コードを投稿したい場合は、Create a Snippet をクリックします。

Img sl01

 

Create Snippet のウインドウが開きます。

Img sl02

 

ここでタイトルや本文を入れますが、タイトルウインドウ右側の Plain Text とあるウインドウで、ファイル形式を選ぶことができます。

Img sl03

 

クリックすると、各種ファイル形式が一覧でずらっと表示されるので、使用したい形式を選びます。

Img sl05

 

投稿されたものはコードの場合、本文だけきちんと区別され表示されます。

Img sl042

 

ここでは、エディタのSublime Textの設定に使用するPackage Controlをインストールするコードや、フォントを設定する際の記述などをメモしました。

パソコンの再セットアップ等で、Sublime Textをインストールして設定する機会があるので、Slackにまとめてみました。

Slackはコミュニケーションツールの意味合いが大きいですが、こうしてコードのメモに使うこともできるので、ひとりSlackもアリかな? と思います。

 

Slack: Be less busy

Slack - Team Communication

無料
(2016.01.17時点)
posted with ポチレバ

 

-ソフトウェア
-,

Copyright© penchi.jp , 2017 AllRights Reserved.