パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

ソフトウェア

Office 365 soloとBusinessの違い

投稿日:

Ec office365

 

去年の秋から検討していたOffice 365ですが、いよいよ正式に導入することにしました。

Office 365といえば、法人向けでしたが、去年の秋から一般ユーザー向けのOffice 365 Soloもリリースされ、選択肢が広がりました。

ただ、一般ユーザー向けの Soloと、法人向けのBusinessでは、プランはもちろんですが、機能的にも大きな違いがあるので、契約の際は要注意です。

 

Office 365 soloとBusinessの違いはなにか?

Office 365 Solo

Office 365 Soloは、一般ユーザー向けのプランで、料金は1年間ライセンスが12,744円/年、1ヶ月ライセンスが1,247円/月となります。

Img solo

Office 365 Solo - Microsoft Store 日本

 

Word・Excel・Outlook・PowerPoint・OneNote・Access・Publisherの各デスクトップアプリ(ソフト)を、パソコン2台までインストールして利用することができます。(Access・PublisherはWindowsのみ)

その他に、OneDriveが1TBまで利用可能、Skypeの無料通話が毎月60分付き、タブレット用Officeアプリのフル機能が利用可能といったサービスが付きます。

Dropboxの1TBまで使える有料プランが、1,200円/月 というのと比較すると、1,247円/月で最新のOfficeアプリ2台分+OneDrive 1TBはお得感がありますね。

利用にはマイクロソフトアカウント(OneDrive等で利用しているアカウントでOK)が必要です。

 

Office 365 Business

従来からサービスを提供しているOffice 365 Businessは法人向けという位置づけですが、個人でも契約は可能です。

利用には専用のアカウントを作成する必要があります。(従来のマイクロソフトアカウントの利用はできません)

いくつかプランがありますが、一般法人向けの「Office 365 Business」が代表的で、年契約の場合 900円/月、月単位契約の場合 1,090円/月 となります。※今回はこのプランで比較します。

Img biz

Office 365 のすべての一般法人向けプランを比較する

 

Word・Excel・PowerPoint・Outlook・Publisher、OneNoteの各デスクトップアプリを、パソコン5台までインストールして利用することができます。(PublisherはWindowsのみ Soloで付いているAccessはありません)

その他に、OneDrive for Businessが1TBまで利用可能、タブレット用Officeアプリのフル機能が利用可能といったサービスが付きます。

 

Soloが1,247円で2台までなのに、900円のBusinessが5台まで使えるのというのは不思議に感じますが、付帯するサービスの違いもあるので、安易に料金だけでは決められません。

まず、アカウントが別なので、従来のマイクロソフトアカウントで利用しているサービスとはまったく別扱いになります。(併用は可能)

特に大きな違いは、OneDriveの違いで、OneDrive for Businessはアカウントの違いますが仕様もまったく違い、別物になります。
この点は多いに混乱しますが、下記の記事が非常に参考になります。

【清水理史の「イニシャルB」】 OneDriveとOneDrive - INTERNET Watch

OneDriveは将来的に仕様を統合する予定との発表はありますが、現時点では統一されていません。

期待!OneDriveの仕様が統一されるようです | penchi.jp

 

また、OfficeアプリでもAccessの仕様権利はないので、この点も理解しておく必要がありますね。

その他に、Businessでは会社等の組織で使いそうな機能はありますが、一般ユーザーにはあまり縁のないサービスかと思います。

 

どちらを選ぶべきか?

一番のポイントは使用するパソコンの台数ですか、使用できるアプリと付帯サービスもあわせて検討する必要があります。

Officeを使用するパソコンは2台で間に合うし、すでにOneDriveやSkypeも利用しているという場合は、Soloを使うのは無難でしょう。

パソコンの台数が3台以上で、Officeアプリをメインに考えたいという場合は、Businessがいいかもしれません。
ただし、従来のマイクロソフトアカウントのサービスと併用したいという場合は、ややこしくなることを覚悟しなければなりません。

 

@penchi はどのプランを選ぶ?

@penchi は、Office 365 Businessを選びました。

一番の理由はやはり、Officeを使うパソコンの台数です。Macで2台、Windowsで3台とライセンスをフル活用です。

AccessやPublisherは元々使っていなかったので問題なし。

従来のマイクロソフトアカウントのOneDriveは使っていましたが、メインのデータはDroboxに移行し、OneDriveは独立したバックアップ用として使うことにしました。

将来、OneDriveの仕様が統一されたら、メインのオンラインストレージとして利用する可能性はあります。

 

現在、無料の試用期間ということで利用していますが、来月には正式に契約し、継続利用するつもりです。

ATOK Passport、Adobe Creative Cloudに続き、Office 365 Businessと、サブスクリプションで利用するアプリが増えていくなぁ。

・・・これも時代の流れですね。

 

 

-ソフトウェア
-

Copyright© penchi.jp , 2017 AllRights Reserved.