iOS 8の リモートインターネット共有で、iPadをサクッとテザリング!

P1070776

iOS 8とOS X Yosemiteで利用できるようになった Instant Hotspot(カンタンにテザリングができる機能)ですが、iOS 8がインストールされたiPadでも有効でした。

Instant HotspotはOS X Yosemiteの機能ですが、iOS 8では、リモートインターネット共有 です。

@penchi のiPad AirはWi-Fi+Cellularモデルなので、モバイルデータ通信をオフにして実験しました。

iOS 8のiPhoneとiPadで、超簡単にテザリングしてみる

iPhoneがそばにある状態で、iPadの設定から「Wi-Fi」を開くと「インターネット共有」の項目があり、iPhoneが表示されています。

IMG 0050

iPhoneの「インターネット共有」はオフになっていますが、iPadが自動的に見つけて表示します。

IMG 0294

iPadで「インターネット共有」にあるiPhoneをタップすると、iPhoneに接続されて、テザリングができるようになります。

IMG 0051

この時、iPhoneを見ると「インターネット共有」はオンになっています。

IMG 0296

iPad側で接続を要求すると、iPhone側は自動的にインターネット共有をオンにしてテザリングをしてくれるようですね。

これは便利! 使い方によっては、iPadはWi-Fiモデルで済んでしまいますね。

【要注意】対応しない機種もある

これなら、Wi-FiモデルのiPad miniも! とやってみたら・・・

インターネット共有にiPhoneが表示されるものの、接続はできませんでした。

IMG 0002

OS X YosemiteのInstant Hotspot同様、対応しない仕様の機種もあるんですね。

残念ながら、初代iPad miniは未対応のようです。

テザリングが簡単にできるなら、外部での利用が少ない場合のiPadユーザーなら、Wi-Fiモデルでも十分いけちゃいますね。

個人的にも、今まではテザリングの手間が面倒で・・・と思っていましたが、このくらいの手間なら、Wi-Fiモデルでもいいかと思っちゃいます。

しかし、iOS 8は、すごい機能がたくさんついてきて、まったく別物のような感じですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする