penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

MacのメインブラウザをChromeからSafariに移行した時にしたこと

   

Img sf00

ここ数年、Windowsを含め、Macでもメインブラウザとして使ってきたGoogle Chrome。

どうもここしばらく、サイトを表示途中でしばし固まって、また動くというプチフリーズが目立つようになり、使用中にストレスを感じるようになってきました。

WindowsのChromeではそのような現象は起きていませんし、Mac標準のブラウザ Safariを使ってみると、そのような現象はないので、Mac版Chrome単独の症状です。

ということで、思い切ってMacのメインブラウザをChromeからSafariに移行することにしました。

 

MacのブラウザをChromeからSafariに移行した時にしたこと

メインブラウザの移行、引っ越しということなので、多少作業することがあります。

お気に入りの移行

SafariにはChromeやFirefoxのお気に入りをインポートする機能があるので、それを利用すればOK!

メニューの「ファイル」ー「読み込む」ー「Google Chrome」で、サクッとお気に入りをインポートできます。

Img sf02

読み込んだデータは、Safariの「ブックマークを編集」で整理することができるので、環境に合わせて編集しておきます。

 

拡張機能のインストール

Chromeで使っていた各種拡張機能も主なものはSafariでも用意されているので、インストールしていきます。

Img sf01

今回インストールした拡張機能

Chromeではこの他にも使っていた拡張機能がありますが、使用頻度の点では、上記のものがあれば十分なレベルです。

Chromeにしかない機能が使いたい場合は、ウェブサイトをChromeで表示して利用すればいい・・・と、割り切っていきます。

 

Safariを標準のブラウザに設定する

今まではMacの標準ブラウザをChromeにしていたので、Safariに変更します。

Safariの「環境設定」の「一般」の上部にある「デフォルトを設定」をクリックします。

Img sf04

※Safariが標準(デフォルト)に設定されている場合は表示されません。

 

確認ウインドウが開くので、「"Safari"に変更」をクリックすれば、設定完了です。

Img sf05

 

アドレスバーにURLをフル表示させる

Safari 8.0では、アドレスバーに表示されるのはドメインの部分だけになっていますが、個人的にこれは何かと不便なので、URLをフル表示させるように設定を変更します。

Safariの「環境設定」の「詳細」最上部にある「スマート検索フィールド」の「Webサイトの完全なアドレスを表示」にチェックを入れると、アドレスバーのURLをフル表示してくれます。

Img sf03

 

これで、Safariの設定は完了。メインブラウザとしてガシガシ使っていきたいと思います。

Chromeの方は、各種設定をクリアするためにブラウザの初期化をしました。こちらはサブとして活用していきます。

※WindowsではChromeをメインに使っていくことに変更はありません。

 

 - Mac