Mac 新着記事

MacのGoogleドキュメントとGoogle日本語入力で発生する候補表示の位置がずれてしまう不具合を解消する方法

 

Google日本語入力を使ってみたら、Googleドキュメントで入力していると候補表示の位置がメニューバーの方にずれてしまう不具合に遭遇しました。

 

Google日本語入力を使ってみる

日本語入力については長らくATOKを使っているのですが、たまには気分を変えてみようかと(←飽きっぽいやつ^^;)Google日本語入力をインストールしてみました。
まっさらな状態なのでユーザー辞書もない状態ですが、変換についてのストレスはそれほど感じません。個人的に短文で変換するクセがあるのであまり差を感じないのかも。(ATOKは文節で変換するのが得意。)
よく使うワードや変換しにくい漢字を単語登録しておけば違和感なく使えそうな気がします。

 

Mac+Google日本語入力+Googleドキュメントで不具合発生

「結構いけそうじゃん!」とあれこれ使っていたら、不具合に遭遇。
日本語入力時の変換候補の表示がMacのメニューバー付近に表示されるという怪現象です。

 

正常な表示位置は入力している箇所です。

 

不具合が発生する環境

OS:macOS 11.4
日本語入力:Google日本語入力
アプリ:Googleドキュメント

 

上記の組み合わせでのみ発生する模様。
他のアプリではこの症状は出ませんし、Windowsではこの組み合わせでも発生しません。

 

解決方法

あれこれと設定をいじってみたら、下記の方法でこの症状が発生しないようになりました。

メニューバーのGoogle日本語入力のアイコンをクリックして表示されたメニューから環境設定をクリックします。

 

Google日本語入力 環境設定のウインドウで、サジェストタブをクリックして表示。
リアルタイム変換を有効にする に入っているチェックを外し、[OK]ボタンをクリックします。

 

こうすると、Googleドキュメントでも変換候補の表示位置がずれることがなくなりました。

 

まとめ

ネットで情報を探してみると、似たような症例はあるようです。

今回遭遇した症状とは違いますが、リアルタイム変換を無効にすると症状が出なくなるので、やはり素早く変換候補を表示しようとして起きる現象なのかな?と感じます。
リアルタイム変換を無効にしても特に問題はなく、変換のストレスも感じないので、Macではこの設定で使ってみようかと思います。

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-Mac, 新着記事
-,