インターネット

エックスサーバーの新サーバー移行が可能になったのでサーバー移行をした

 

このブログを始めいくつかのサイトはレンタルサーバーのエックスサーバーを使って運用しています。

そのエックスサーバーがサーバーも全面的に強化し、新サーバーの運用を開始。
既存サーバーのユーザーも順次移行できるとのことでしたが、その順番が回ってきたので、早速新サーバーへ移行しました。

 

国内最速サーバーへ

エックスサーバーは元々著名ブロガーさん達の間でも評価の高いレンタルサーバーでしたが、今回最先端のサーバーマシンを採用し、国内最速環境を実現したとのことです。

CPUはAMDの『AMD EPYC(Rome世代)』、これが48コア96スレッド(同時に複数の処理がたくさんできる能力を持つ)で、アクセスが集中しても高速で安定した運用が可能です。
さらにその足回りになるストレージはSSDでもより高速なNVMeでRAID10(ストライピング+ミラーリング)構成を採用しているので、こちらも高速になりました。
メモリも従来のサーバーでは256GBだったものを、512GBと倍増されており、全体的な仕様向上になっています。

 



 

新サーバー移行は簡単!

新たに申し込むユーザーは新サーバーでのスタートになりますが、既存ユーザーに対しても新サーバーへの移行ができる用意があります。
新サーバーへの移行サービスは、段階的に提供していくため、利用中のサーバーが対象になると手続が可能になります。

 

@penchiの利用するサーバーは先日その対象になったので、早速新サーバーへの移行手続を実施。

Xserverアカウントのページにログインし、左側にあるメニューから [新サーバー簡単移行] をクリックして手続をします。

手順は・・・

  1. データコピー(現サーバーのデータを新サーバーにコピーしてもらう)
  2. 確認(新サーバーにコピーされたデータや表示の確認)
  3. 移行(新サーバーの移行)

・・・という流れになります。

画像引用:エックスサーバーのマニュアルより

 

この中で実際に作業する必要があるのは確認の部分で、新サーバーへデータがコピーされたあとに、きちんとデータがコピーされたか、正常に表示・動作するかを確認するということ。

ただし、新サーバーに移行しても実際にネット上で表示されるのは現サーバーのデータなので、hostsファイルを編集して確認する必要があります。

正常に表示・動作することを確認したら、サーバーの切り替えを申請し、切り替わるのを待つだけです。

 

サーバー移行後の処理

サーバー番号が変わるので、メールやFTPの設定が変わります。
メールソフトやFTPソフトの設定値を新サーバーの値に変更する必要があります。

ウェブサイトやブログの表示・動作に意識がいってしまい、これらの作業が忘れがちになるので、気をつけたいところです。

 

実際に行った感想

最初のデータコピー申請をして2日ほど音沙汰無しだったので、問い合わせをしたのですが、その翌朝にコピー作業開始のメール、1時間くらいしたあとにコピー完了のメールが届いていました。
実際の作業は短時間で済むようですが、開始まで時間がかかる場合があるのかもしれませんね。

コピー完了後は、ログを確認し、コントロールパネルのファイルマネージャーでファイルを確認。
そしてちょっと面倒なんですが、hostsファイルを編集して、新サーバーの表示・動作確認をしました。

あとは、サーバー移行のボタンをポチッとして待つだけ・・・1時間もしないうちに新サーバーにあるデータが公開されました。

 

まとめ

新サーバーは快適です。
サイトの表示が速くなったことも体感できます。

移行作業はちょっと手間がかかりますが、やる価値は十分にあります。



 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-インターネット
-

© 2020 penchi.jp