パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

PC

WindowsとMacの使い分け

投稿日:2018/05/09 更新日:

 

WindowsとMac、2つのパソコンを使い分けている理由をまとめてみます。

 

Windowsでなければならない点

これはなんといってもOfficeを始めとするマイクロソフト製品の使用で実感します。

一番困るのがExcelのデータ。同じ最新版のOfficeを使ってもExcelのデータは100%互換にはなりません。

WindowsのExcelでピッタリ決まる(印刷できる)データをMacのExcelで開くと、2ページに渡るデータになってしまうことはザラ。Mac用に調整したデータは、Windowsではカッコ悪くなってしまうし・・・。

Officeのバージョンが上がるたびに期待するのですが、改善されませんね。
フォントの扱いが一番の問題なのかな?

機能的にも微妙に差があり、Windows版では当たり前にできることが、Mac版ではできないこともあります。

マイクロソフト製品を使うならWindowsがベストOSであるのは間違いありません。

 

Macでなくてはならない点

Adobe creative cloudを使う際は、Macがいいですね。

Macでは標準で使えるフォントが、Windowsには入ってない(別途購入が必要)ために使えないのが一番困ります。

また、Mac App Storeで入手できるソフトにはとても使いやすいソフトが多いのですが、同等の機能を持ったWindowsのソフトがないものが多いです。特にグラフィックやエディタ関係!

ただ、Excelで作ったデータをIllustratorに貼り付ける際は、Macで作業すると表示がズレるのでWindows版を使ったりと、行ったり来たりすることになります。

 

あと、Macアプリにはエディタやグラフィックなどでいいアプリがあり、Mac使いてーなーと思うことが多々あります。
アプリ(ソフトウェア)のデザインも洗練されているので、Macにはオサレ感があって好きです。(笑)

 

結果、いいとこ取りがベスト

個人的にAppleは好きですが盲信してるわけではありません。

Apple信者にありがちなマイクロソフトを毛嫌いするような気持ちはないので、それぞれのいいとこ取り、メリットがある部分を有効に使わせてもらうということで、素直に併用しています。

大抵の仕事はWindowsマシンでしますが、Adobe CCでデータを作成するときはMacです。

ただし、チラシ用の印刷機でIllustratorのデータを印刷する際はWindowsが必須。これは印刷機のプリンタドライバのデキが全然違っていて、Macではあきらかに印刷品質が悪いのです。

 

今はWindowsのデスクトップとMac mini併用ですが、次にMacを買い替える際はMac Book ProにParallelsを入れてWindows 10を動かす、ということも考えてます。

両方あった方が便利ですからね。

 

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-PC
-,

Copyright© penchi.jp , 2018 All Rights Reserved.