パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

モノローグ

最近のパソコン環境のこと

投稿日:

 

ここ2ヶ月くらいの間にパソコン環境が大きく変わりました。

 

メインマシンがMacからWindowsへ

2014年6月、それまで使っていたWindows PCが不調になったのを機にMac miniを導入して以来、メインマシンはMac miniでしたが、2018年4月にWindows PCをメインにしました。

今年初めに組み立てたデスクトップPCで、CPUはCore i5-7640X、メモリ16GB、ストレージはSSD 128GB+HDD 1TB、OSはWindows 10 Pro 64ビット という仕様。

4月にOffice 365 BusinessからBusiness Premiumにアップグレードし、TeamsやSharePointなどの各種365サービスが使えるようになったのですが、マイクロソフトのサービスだけあってどうしてもWindowsの方が有利なんですよね。

そんなわけで、組み立てたパソコンをメインマシンにしました。

 

アプリケーションの導入

Offce 365 Business Premium

これまで使っていたOffce 365 BusinessをアップグレードしてBusiness Premiumにしました。(正式にはBusinessを契約終了してBusiness Premiumを契約することになる。)

コミュニケーションツールのSlackの代わりを探していて、Treamsを知り導入することに。
Office 365 Business PremiumはTeamsの他に、SharePointやPlanner、Outlook、OneNoteといった365サービスが利用できます。

個人的にはTaemsとSharePoint、Plannerを連携した運用をすべくあれこれやっています。

 

Inkdrop

MarkDownに対応したエディタ、Inkdropを導入しました。
今年初めから気になって何度か試用していたのですが、メインマシンをWindowsにするに際して正式に導入。

Inkdrop専用のクラウドにデータを保管してWindowsやMacで共有して利用できる点が気に入っています。
WindowsとMac両方で使えるアプリってなかなかないんですが、InkdropはさらにiOS、Androidでも利用可能。
モバイルアプリのベータ版ではタブレットにも対応したので完璧です!

年額49.9ドルのサブスクリプションモデルのアプリですが、使用頻度からみてもモトはとれるかと。

Note-taking App with Robust Markdown Editor - Inkdrop

 

Text Expander

定番のスニペットツール Text Expanderを復活導入。

サブスクリプションモデルになった際、1年弱使ったのですが、ほぼMacで完結させる利用状態になっていたため、Alfredに移行していましたが、MacとWindowsでデータを共有しながらスニペット使う環境が欲しくなり、改めて契約しました。

久しぶりに使ってみると、Windows版が進化して使いやすくなっていました。

TextExpander - Productivity App | Text Expander

 

こうしてみると、紹介したものはすべてサブスクリプションモデルのアプリやサービス。
これもイマドキな変化か。

5月に入ってやっと環境が落ち着いてきたという感じです。

あとはWindows PCのデータ用のHDDが古いものを使っているので、新しいHDDに交換したいなと思っています。
・・・Windows 10のソフトウェアRAIDでミラーリングで安全を保つってのもいいかな?

そんなわけで、環境整備は止まらないのでした。

 

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-モノローグ
-

Copyright© penchi.jp , 2018 All Rights Reserved.