エレコムの最新法人向けNASを導入する

P1090870

 

@penchiの仕事場で使用しているサーバーが使用開始から5年程度になり、そろそろ更新時期・・・ということで、機器の更新を決めました。

 

スポンサーリンク

エレコムの最新法人向けNASを導入する

現在使用しているのは、HPのEX490で、導入は2010年の11月。

元々はWindows Home ServerというOSでしたが、OSを変えたりVGAポートを追加したりと改造しながら使い、現在はWindows 8.1 Proで運用しています。

先日の定期メンテナンスでWindowsアップデートができないなど挙動不審な点を発見、使用年数も5年ということでそろそろかな・・・と感じました。

ちょうど今月初めにエレコムの営業さんから法人向けNASの新機種を紹介されていたので、今回はそれを導入することにしました。

 

NetStor NSB-3MS2T2BLVを導入

導入したのは、NSB-3MS2T2BLVという、スモールオフィス向け2ベイ 2TBの製品。

HDDにはWD Red 2台を搭載し、RAID0/1に対応しています。

今回は1TBのHDD 2台をRAID 1(ミラーリング)で構成し、1TBのNASとして使用します。

 

箱の中身はいたってシンプル。

P1090871

 

本体の見た目も地味です。^^;

P1090872

 

ルーター機能もあるそうで、背面にはLANポートが4つあります。

P1090873

 

通常のNASとして使用する場合は、下記のように接続します。

P1090874

 

電源を入れると、前面パネルに時刻やIPアドレス、ファームウェアのバージョンが表示されます。

P1090876

 

一部機能はファームウェアのアップデート待ち

リモートアクセスやVPNルーター機能、クラウドバックアップなどの機能は、2016年2月公開予定の次期ファームウェアで実装されるそうで、残念ながら現時点では使用できません。

P1090877

 

クラウドバックアップはDropboxやOneDrive等を利用してバックアップできる機能なので、ぜひ利用したかったのですが、ファームウェアのアップデートまでおあずけです。

リモートアクセスもこの製品でどの程度の速度が出るか、試してみたいです。

 

まずは現行のサーバーからNASへのデータ移行作業。

移行するデータは50GB程度ですが、それでも結構時間がかかりそう・・・。

現在、鋭意作業中です。

 

Linux NAS- ELECOM | Linux NAS

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする