iPhone・iPad 新着記事

楽天モバイルのeSIMをiPhoneの副回線に設定した

 

楽天モバイルがeSIMを提供しているのを知り、iPhoneの副回線にeSIMを設定。
長年2台持ちをしていましたが、iPhone1台で2回線持てるこになり快適環境になりました。

 

eSIMとは?

スマートフォンの契約情報が入っているカードはSIMカードと呼ばれ、SIMカードをスマートフォンに挿入すると、その契約情報で利用できるようになります。
そのSIMカードを電子的な情報として登録することができるのがeSIMで、これまでのSIMカードのように物理的なSIMカードは存在しません。

eSIMを利用するにはeSIMに対応したスマートフォンが必要で、iPhoneではiOS 12.1 以降を搭載した iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降の機種が該当します。

 

楽天モバイルでは従来のSIMカードの他にeSIMも提供しているので、それを利用しました。

 

楽天モバイルをeSIMで契約する

今回契約した回線はLINEモバイルで利用している回線(ドコモ回線利用)、利用する機種はiPhone 12 Max Pro(ソフトバンク)なので、以下の手順で行いました。

  1. iPhone 12 Max ProのSIMロック解除・・・オンライン(マイソフトバンク)で解除
  2. LINEモバイルでNMP予約番号取得・・・オンラインで手続可能
  3. 楽天モバイルでNMPで契約・・・所有する楽天IDを利用、身分証明は免許証をデジカメで撮影し提出
  4. 楽天モバイルから届いた資料でiPhoneを設定し開通

すべてオンラインで手続OK!
あっけないほどスムーズに手続ができました。トータルで4日くらいかな。

 

楽天モバイルから届いたものはこれだけです。

 

SIMカードの情報はQRコードにあり、指示された手続きに従って利用します。

 

楽天モバイルのeSIMをiPhoneで使う

届いた楽天モバイルのeSIMは下記の手順で設定します。
開通手続き → iPhoneの設定 の順に行います。

 

無事開通すると下記のように、iPhoneに2つのアンテナバーが表示されます。

 

設定のモバイル通信では、主回線・副回線が表示されます。
主回線はこれまでのソフトバンクで、副回線が楽天モバイルです。

 

副回線に電話番号が表示されていませんが、これは楽天モバイルエリアでない箇所で設定しているためです。設定後に楽天モバイルエリアで通信すると番号が表示されるそうです。
@penchiの住むエリアは楽天モバイルのエリアにはなっていないため(2021年夏頃にエリア拡大予定)、パートナー回線のau回線で利用しています。
データ通信量に制限がありますが、@penchiの場合はデータ通信はソフトバンクの使い放題を利用し、楽天モバイルは通話のみなので、どちらのエリアでも問題はありません。

 

発信する際は主回線・副回線を選択することができます。

 

通話・SMSは専用アプリを使う

楽天モバイルでは通話とSMSは専用アプリ Rakuten Link を利用します。

Rakuten Link

Rakuten Link

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

 

通話は通常の電話アプリでもできますが、30秒20円の料金がかかります。
Rakurten Linkを利用すれば通話は無料です。

SMS(ショートメール)はRakuten Linkアプリでのみ利用可能、従来のメッセージアプリでは利用できません。

Rakurten Linkアプリは、楽天モバイルのIDでログインすることで利用できます。

 

1ヶ月使用してみての感想

データ通信はしていないので不明ですが、通話に関しては問題ありません。
エリアの関係で、純粋な楽天モバイルエリアではなくau回線での利用ですが、Rakurten Linkアプリを使っての通話も良好です。

残念なのはRakurten LinkアプリがApple Watchに対応していないこと。
電話の着信をApple Watchに通知できない点はちょっと不便・・・ここが改善されたら満足です。

Rakuten UN-LIMIT Vの4月からの新プランでは、データ通信を使わずRakurten Linkアプリでの通話のみなら話し放題でも0円ということになります。
@penchiのように、2つ目の電話番号を利用したいという場合は、手持ちのiPhoneに無料で利用できる電話番号を持つことができるという、とてもありがたいプランになります。

Rakurten Linkアプリはこまめにアップデートされ改善されているようなので、これからの進化にも期待しています。

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-iPhone・iPad, 新着記事
-

© 2021 penchi.jp