penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

SkyDriveアプリで、同期フォルダの選択が可能になった

   

Sky Drive

SkyDriveユーザーの @penchi です。

Windows8の導入をきっかけに、SKY Driveを本格的に使い始めました。

penchi.jp - 【日刊ぺんち】#076 PC環境の見直しなど いろいろ

無料の大容量オンラインストレージ SkyDrive - Windows Live on MSN

今日、パソコンを起動したら、自動的にSKY Driveアプリがアップデートされたので、何が変わったのか確認すると、同期フォルダの選択が可能になっていました。

MS、オンラインストレージ「SkyDrive」向けアプリをアップデート -INTERNET Watch

同期フォルダの選択機能は、WindowsとMac、両方のアプリに装備されましたが、ここではWindowsのアプリの設定を解説します。

SKY Driveの同期フォルダを選択する方法

タスクバーのSKY Driveアイコンを右クリックし、メニューを表示。
「設定」をクリックします。

SKY Drive

設定ウインドウの「フォルダーの選択」タブにある「フォルダーの選択」ボタンをクリックします。

SKY Drive

必要なものだけを同期 というウインドウが表示されるので、ここにある「同期するフォルダを選択する」をチェックして、同期したいフォルダをチェックします。

SKY Drive

SKY Driveアプリがインストールされていると、エクスプローラーのお気に入りにSKY Driveフォルダ表示されるのがいいですね。自分のパソコンのドライブと同じ感覚で利用できるので、非常に便利です。

※今回のアップデートで、SKY DriveはDropboxとほぼ同じ機能を持ったことになります。

SKY Drive

SKY Driveは新規ユーザーは無料で利用できる容量が7GBですが、以前からHotmail等でアカウントを持っている場合は、無料で25GBにアップデートして使うことができます。

7GBになったSkyDriveの無料容量、25GBに戻すには? - bizmash!:@nifty

また、AndroidとiOS用のSKY Driveアプリも用意されているので、出先でデータを扱うことも可能です。

Dropboxと同じ感覚で使えるSKY Driveですが、マイクロソフトの Office Web Appとの連携など、マイクロソフトのサービスならではのメリットもあります。

機能と容量をみながら、うまく使い分けでいきたいと思います。

Office Web Apps - Office.com

無料の大容量オンラインストレージ SkyDrive - Windows Live on MSN

 - クラウドサービス