パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

iPhone・iPad

iPhone 6s Plus にエレコム ZEROSHOCKケースを使ってみる

投稿日:

P1100202

 

iPhone 6s Plusは購入前から使うケースを決めていて、App Bankのマックスむらいの手帳型のケースを使っています。

薄くて大画面ということで保護のため手帳型を使っていますが、ちょっと別な雰囲気も味わいたいのでケースを変えてみました。

 

AmazonのタイムセールでZEROSHOCKケースを格安ゲット!

Amazonは春のセールを展開中ですが、タイムセールはとんでもない価格になるものもあって、ビックリです。

今回のケースもタイムセールにのってた、エレコムのZEROSHOCKケース。

P1100197

P1100198

 

耐衝撃性のケースとフィルムのセットです。

P1100200

 

実はこのケース、先日東京に行った際に気になっていたもので、買わずに帰ってきたのですが、3,000円くらいで売っていたものが、タイムセールで767円でした。

たまたま見かけたセールで気になっていたものがあって、ラッキーでした。

 

iPhone 6s PlusにZEROSHOCKケースをつけてみる

ケースはTPU(熱可塑性ポリウレタン)とポリカーボネイトの組み合わせになっています。

P1100201

 

iPhone 6s Plusにつけてみます。

P1100202

 

裏側はこのようになります。

P1100203

 

ケースに厚みがあるので、カメラ部はレンズの出っ張りも保護されます。

P1100204

 

充電やイヤホンジャックのある底部はこのような状態。

一般的なイヤホンや充電ケーブルなら仕様には問題はありません。

P1100205

 

ロックボタン側。

P1100206

 

ボリュームとバイブレーターのスイッチ側。

P1100207

 

本来なら保護フィルムも付属の耐衝撃性のフィルムに貼り替えた方がいいのでしょうが、今貼ってあるクリスタルアーマーのガラスフィルムはまだまだ使えそうなので、フィルムは交換せずに使います。

あくまでも手帳型ケースがメインということで考えているので、保護フィルムもそちらにあったものを優先と言うことで・・・。

P1100199

 

まとめ

久しぶりに手帳型ではないケースにしてみましたが、画面むきだしのiPhoneはなんとなく違和感あります。

手帳型ケースではケースのフレームが邪魔をして、アプリの移動が微妙にやりにくいことがあるのですが、ZEROSHOCKケースではその点はスムーズにできそう。

ケースを変えるのは気分も変わるので、時々変えながら使っていきたいと思います。

 

 

-iPhone・iPad
-

Copyright© penchi.jp , 2017 AllRights Reserved.