penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

OS X Yosemite をクリーンインストールする方法

   

P1070768

10月17日に公開されたMacの新しいOS、OS X Yosemite(OS X 10.10)を早速インストールしました。

対象のMacであれば、Mac App Storeから無料でダウンロードし、アップグレートすることが可能です。

Apple - OS X Yosemite - 概要

OS X Yosemite
OS X Yosemite (無料)
(2014.10.18時点)
posted with ポチレバ

 

Macに、OS X Yosemiteをクリーンインストールする

@penchi は、MacでもWindowsでも「OSはクリーンインストールが基本」です。HDDやSSDをまっさらにしてOSをインストールし、必要なアプリ(ソフト)だけをインストールし、環境を構築することで、より快適に使うことができます。

・・・インストールマニア、なのかも。(^^ゞ

OS X Yosemite(以下 Yosemite)をクリーンインストールするには、いくつか方法があります。

Yosemiteへアップグレードし復元する

OS X Mavericks等で使っているMacで、一旦Yomsemiteにアップグレードします。

その後、電源を切って、[commond]+Rキーで再起動し、リカバリー画面を出し、ディスクユーティリティでHDD(SSD)を全消去し、Yomsemiteを再インストールします。

 

復元アシスタントで復旧メディアを作り、インストールする

複数のMacをお持ちの場合は、Yomemiteの復旧用メディアを作っておくと便利です。

アップグレードでもクリーンインストールでも、YosemiteがインストールされたMacを用意します。

このMacでAppleのサイトから「OS X 復元ディスクアシスタント」をダウンロードします。

OS X 復元ディスクアシスタント

LIONのアイコンが出ていますが、OS X 全般で利用できます。

Imgasmac

 

MacにUSBメモリを挿入し、ダウンロードした OS X 復元ディスクアシスタントを実行すると、USBメモリがYosemiteの復旧メディアとして作成されます。 ※USBメモリは4GBのものであれば十分です。

P1070767

 

YosemiteをインストールしたいMacに、上記のUSBメモリ(復旧メディア)を挿入し、[option]キーを押しながら電源を入れると、下記の写真のように、Recovery-10.10 というUSBマークのドライブがあるので、このドライブを選択して起動します。

P1070759

復旧モードで起動するので、ディスクユーティリティでHDD(SSD)を消去してから、Yosemiteの再インストールを実施します。

 

USBメモリにYosemiteの復旧メディアを作っておけば、複数のMacで利用できるので便利です。

@penchi は、YosemiteをアップグレードインストールしたMac Book Proで復旧メディアを作成し、その復旧メディアを使って、Mac Book AirとMac miniにYosemiteをクリーンインストールしました。

作成した復旧メディアは、いざという時のために、わかりやすいラベル等を貼って、保管しておくのがいいと思います。

Apple - OS X Yosemite - 概要

OS X Yosemite
OS X Yosemite (無料)
(2014.10.18時点)
posted with ポチレバ

 - Mac