パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

iPhone・iPad

iOS12と1Passwordの連携が快適!

投稿日:2018/10/27 更新日:

 

パスワード管理には1Passwordを使っているのですが、iOS 12ではサードパーティのパスワード管理アプリをサポートしたため、iPhoneやiPadのSafariでも1Passwordが使えるようになりました。

 

iOS 12で1Passwordの連携が可能になった

iOS 12ではサードパーティのパスワード管理アプリをサポート。

1Passwordをはじめ、LastPass、Dashlane、Keeper、Remembearなどのアプリが対象になり、iOSのSafariでログインする際に、連携したサードパーティアプリのデータを使ってログインすることができるようになりました。

 

iPhoneで1Passwordを自動ログインのアプリとして設定する

iPhoneのログイン管理の初期設定では標準のキーチェーンが有効になっていますが、1Passwordを使う場合はこれを1Passwordに変更します。

iPhoneの設定を開き、パスワードとアカウントをタップします。

 

パスワードを自動入力をタップします。

 

iCloudキーチェーンのチェックを外し、1Passwordにチェックを入れます。

 

1Passwordを使ってログインしてみる

Safariで1Passwordを使ってログインしてみましょう。

試しにChatWorkにログインしてみます。
ChatWorkを開くと 1Passwordを使用してchatwork.comにログインしますか? という表示があります。

 

入力しようとすると chatwork.com - 1Password用 という表記とカギマークがあるので、タップします。

 

入力フォームにデータが入りました。

 

ログインをタップすると、ChatWorkにログインできました。

 

1Passwordにログインデータが保存されていればそれを利用してログインできるのでとても便利です。

 

1Passwordならパソコンでもスマホでも使える

1PasswordはMacとiOS用の買い切り型アプリとして普及しましたが、サブスクリプションモデルになる際にWindowsやAndroidでも利用できるようになり、1Passwordのサーバーを利用してデータを同期、様々な環境でデータを同期しながら使えるようになりました。

個人アカウントで年間4,100円の費用はかかりますが、その費用に見合った機能を持っていると思います。

 

無料で利用したいという方には、LastPassがおすすめです。
パソコンでの利用はアプリではなくブラウザの拡張機能を使い、スマホはアプリを使います。
※iOS 12の連携にも対応しているそうです。

@penchiも1Passwordのサブスクリプション化の際、LastPassに移行して使っていました。ログイン等はスムーズに利用でき問題はなかったのですが、ログインデータが多くなってくると、その管理画面の使い勝手がイマイチでストレスに・・・。
有料でも快適に使える1Passwordに出戻ったという経験があります。

 

 

  • この記事を書いた人

@penchi

@penchi デジタルガジェットとアナログな文具を好むハイブリッドなヤツ。フリーランスのパソコン屋兼ウェブ屋。シンプルでキレイなデザインやプロダクトが好きです。 >>> プロフィール詳細

-iPhone・iPad
-

Copyright© penchi.jp , 2018 All Rights Reserved.