Macの無駄なファイルを一気に削除してくれるMacCleanが便利!

Ec mc

Macを使い続けていると不要なファイルが徐々に蓄積され、気がつくとその容量はギガレベルになります。

最近のMacはストレージがSSDになり、120GBや256GBのものが多く、HDDにくらべると容量が小さいので、空き容量が気になることが多いです。

そんなMacの無駄なファイルを一気に削除してくれるのが、MacCleanというアプリ。

MacClean – Mac OS Xの容量を解放し、遅いパフォーマンス動作を修正

iPhoneのお掃除アプリとして定番のPhoneCleanを開発するiMobileさんのアプリです。

PhoneCleanでiPhoneのキャッシュを削除したら、空き容量が2GBも増えた! | penchi.jp

MacCleanでMacの無駄なファイルを削除してみる

MacCleanは下記のサイトから無料でダウンロードし、利用することができます。

MacClean – Mac OS Xの容量を解放し、遅いパフォーマンス動作を修正

MacCleanを起動したら、ウインドウ右下の虫眼鏡アイコンをクリックし、削除できる無駄なファイルをチェックします。

MacClean

Macのシステムを検索し、削除できるファイルを調べ、表示してくれます。

今回は再セットアップしてから約半月のMacBookAirですが、2GB以上の削除できるファイルがありました。

MacClean 2

ウインドウ右下のホウキアイコンをクリックすると、ファイルを削除することができます。

MacClean 2

Chromeなど起動しているアプリがあると、終了することを求められます。

MacClean 3

システムジャンク という項目のファイルを削除する際は、システムパスワードを求められます。

MacClean 4

削除完了! 今回は2.45GBの無駄なファイルを削除することができました。

MacClean 5

ブラウザのキャッシュが大きいですが、実用上は必要ないですし、ブラウザのキャッシュは溜まると不具合を起こすことがあるので、定期的に削除するのがおすすめです。

@penchiは、これまでは各ブラウザ毎、キャッシュの削除をしていましたが、MacCleanを使えば、Chrome、Safari、Firefox各ブラウザのキャッシュを一気に削除できるので楽になります。

また、その他の不要なファイルは、削除しにくいものですが、MacCleanで判別し削除できるので助かっています。

Macのお掃除アプリは各種ありますが、MacCleanは無料で利用できるアプリなので、気軽に導入できます。

Macの調子が悪いという方、きちんとMacのお手入れをしたいという方は、使ってみてはいかがでしょうか?

MacClean – Mac OS Xの容量を解放し、遅いパフォーマンス動作を修正

スポンサーリンク

シェアする

フォローする