パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

ソフトウェア

Scrapboxはコードの保存場所に使える

投稿日:

 

先日から使っているScrapboxですが、ブログのカスタマイズ等で使うコードの保管場所として、なかなかいい感じに使えるので、主なコードをScrapboxに移行してしまいました。

 

Scrapboxはコードの保管場所に向いている

Scrapboxの記法の中に コードブロック という記法があり、これを使うと、CSSやHTMLなどのコードをコードとして色分けして記録できます。

記法 - Scrapbox ヘルプ - Scrapbox

 

コードブロックの記法

記法はカンタンで、 code:言語名 や code:ファイル名 でOK。

例えば・・・
code:css と入力します。

 

入力しenterを押すと、下記のように CSS という表記だけになり、その下の行からコードを入力できます。

 

実際にコードを入力するとこのようになります。

 

既存のコードを貼り付ける際は、code:言語名 でenterしたら、[ctrl]+[v](Macでは[command]+[v])のショートカットで貼り付けます。
※右クリックで貼り付けのメニューが出ないので、マウスでの貼り付け操作はできないようです。

 

複数のコードを1ページに保存することもできるので、関連するコードをまとめておくこともできます。

Scrapbox利用のキモである、ハッシュタグを付けることも忘れずに!
関連するページが一覧表示されるので、後から何かと役に立ちます。

 

コードのコピー

保存したコードはコピーして使うことができますが、マウスで選択してスクロールしても、表示された部分より下に行ってくれないというクセがあります。

この場合は、[shift]キー+[↓]キーで選択していけばOK!
表示部分以下に移動しながら選択できます。

@penchiは、最初これがわからなくてビビりました。(^^;)

 

よく使うコードは使いやすく保存する

WordPressのカスタマイズではもちろんですが、ブログの記事を書く際もコードを使うことがよくあります。
同じコードを何度も使うような場合は、そのコードをさっと使えるように保存しておくことも効率化のポイント。

@penchiはいくつかの方法を試してみましたが、先日からScrapboxを使っています。

Slackもスニペット機能でコード保存ができますが、溜まってくると探すのがちょっと面倒でした。

Slack: Where work happens

 

その後、Boostnoteというアプリを見つけて使いましたが、アプリの起動や動作がややもっさりしているのと、操作性にややクセがあるのが馴染めず・・・。

Boostnote

 

Scrapboxはウェブアプリなので専用のアプリ不要で動作もサクサク、コード以外の情報もあわせて保存しておけるのが便利です。
しばらくはこのまま、Scrapboxであれこれ保存しながら活用していこうと思っています。

Scrapbox

 

Scrapboxが情報整理にいい感じなので本気で使ってみる - penchi.jp

 

-ソフトウェア
-

Copyright© penchi.jp , 2017 AllRights Reserved.