penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

超便利なメモアプリ ATOK Padの違いをまとめてみた

   

パソコンでメモ

こんにちは。@penchi です。

日々、便利に使っているATOK Padですが、OSによって有料、無料、オプションなど、提供方法が違っているので、改めて整理してみました。

ATOK Pad(ATOK.com)

iPhoneアプリは有料

ATOK Pad for iPhone

ATOK PadのiPhoneアプリは、AppStoreで提供され、有料(1,200円:2012年5月12日現在)です。

iPhoneとiPad両方で利用できるアプリで、メモ機能+IMEとしてのATOK の機能を持っています。

ATOK Padで入力する際は、通常のiPhoneのIMEではなく、ATOKがIMEとなります。

ATOKの辞書同期機能 ATOK Syncも利用できます。

ATOK Pad App
カテゴリ: 仕事効率化 価格: ¥1,200

Windows版ATOK Padは、ATOKのオプション

ATOK Pad for Windows

Windows版のATOK Padは、日本語IMEのATOKのオプションとなっていますので、ATOKがインストールされてないと利用できません。

ATOK 2012 for Windows [ベーシック] DL版 [ダウンロード]
B0072ATW9G

現在はベータ版として提供されています。

そのためかどうかわかりませんが、同期のためのEvernoteアカウントのパスワードが記録できないのが不便です。

Mac版ATOK Padは無料

ATOK Pad for Mac

Mac版ATOK Padは、MacAppStoreで提供され、無料です。

日本語IMEのATOKはインストールされていなくとも利用できます。

Mac版ATOK Padは、同期のためのパスワードをキーチェーンに保存することができるので、Windows版のようなわずらわしさはありません。

ATOK Pad App
カテゴリ: 仕事効率化 価格: 無料

メモの同期はEvernote経由

インストールされた各種ATOK Padは、メモの同期ができますが、ATOK Pad自体に同期機能はありません。

メモの同期は、Evernoteを経由する形で同期するようになります。

ATOK Padで同期設定をすると、Evernoteのアカウント入力を求められます。

アカウントし設定すると、Evernoteに ATOK Pad というノートブックができます。

Evernoteのノートブック

このノートブック名は変更することができませんが、上記のように、スタックに入れることはできます。

ATOK PadのメモはEvernoteを軸に同期するので、自動的にEvernoteにも保存されますし、Evernote上で編集や削除、等の管理もできます。Evernoteで編集したものは、ATOK Padにも反映されます。

ATOK Padは理想的なメモ環境

ATOK Padだけではなく、Evernoteを経由させていることで、理想的なメモ環境になっています。

iPhoneではATOK Padを使ってるけど、WindowsではATOKを使ってないからATOK Padは使えないよ・・・という場合でも、ATOK PadのメモをEvernoteで扱うことができます。

Windows版もATOKのオプションではなく、単独のアプリとして提供されるといいですね。

また、Android版も公開されるといいなぁ。

ATOK Pad(ATOK.com)

 - ソフトウェア