パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

電子書籍

FireタブレットはKindle Unlimitedの管理に最適なツール

投稿日:

IMG 5835

 

Amazonの読み放題サービス Kindle Unlimited、いろいろな意見がありますが、@penchiとしては、とても有効なサービスでスタート時から利用を継続しています。

そんなKindle Unlimitedで読む本を管理するのに、Fireタブレットは最適なツールでした。

 

FireタブレットはUnlimitedの管理に最適!

格安ダブレットとしても話題の Fireタブレットですが、さすがAmazon純正だけあって、Kindleアプリもひと味違うつくりになっています。
本を読む機能はFireタブレットもiOSのアプリも同じですが、本の管理機能に大きな違いがあります。

Kindle Unlimitedは、読み放題ですが同時に利用できる(ダウンロードしておける)本は10冊までという制限があります。

実際に利用してみるとこれが案外やっかいなものでして、表示は購入した本とかわらずごっちゃになってしまい、Unlimitedで利用している本の把握がしにくいのです。

10冊を超える利用になる際は、どれか利用終了しないと新たな本を利用できませんが、とっさの時にどれを消したらいいか迷ってしまうことがあります。

利用中の本一覧が簡単に確認できたらいいのに・・・と思っていたら、FireタブレットのKindleアプリでそれが実現しました。

 

FireタブレットのKindle Unlimited メニュー

Fireタブレット(画面はFire HD 8)のKindleアプリ 左上にあるメニューアイコンをタップします。

Img az00

 

表示されたメニューの下部にある Kindle Unlimited をタップします。

Img az01

 

Kindleストアの上部にある 「Kindle Unlimited マイブック」を表示 をタップします。

Img az02

 

借りている商品 の表示画面になりますが、ここで表示されるのは過去に利用した本も含めた一覧表示です。
ここで 表示 メニューをタップすると表示内容を選ぶことができます。

Img az03

 

表示変更内容は 現在・利用終了済み・すべて の3種類ですが、現在をタップします。

Img az04

 

表示を現在 にすると、利用中(ダウンロードしてある)の本のみが一覧表示されます。

Img az05

 

この表示だと、利用中の本が何で何冊になっているかがひと目でわかり、ぐっと管理がしやすくなります。

読み終えてもそのままになっている本があれば、その場で 利用を終了 をタップして終了させることができます。

@penchiは、時々この画面をチェックしてUnlimitedで読む本の管理をしています。

 

 

-電子書籍
-,

Copyright© penchi.jp , 2017 All Rights Reserved.