MISFIT RAYは はめる腕によって測定されるデータが大きく違う

IMG 4913

MISFIT RAYを使い始めて4ヶ月が経過しましたが、RAYをはめる腕によって測定されるデータが大きく違う ということに気がつきました。

スポンサーリンク

右腕は左腕の倍のデータになる?

@penchiの場合、RAYは基本的に左腕にはめています。

Apple Watchとセット。

IMG 4906

たまに右腕にはめることもあるのですが、その時のデータが左腕にはめている時よりはるかに大きいデータになります。

一日の活動量が大きく違わない日でも、左腕にはめている時の倍くらいの数値になっているのです。

先日も右腕にはめていたのですが、その時のデータがこちら。

10月13日 5178ステップ(歩数)。

IMG 4907

その翌日から2日、これはRAYを左腕にはめていた時のデータです。

10月14日 2250ステップ。

IMG 4908

10月15日 2562ステップ。

IMG 4909

右腕にはめている日のデータは、左腕にはめている時の倍くらいの数値になっています。

この3日間、左腕にはめていたApple Watchのデータでは、10月13日が極端に動いたというわけではないのがわかります。

IMG 4910

IMG 4911

IMG 4912

右腕は動かすことが多いのでカウントされてしまうのかなぁ・・・と思うのですが、ちょっと右腕にはめていたデータはあてにできないと感じます。

RAYは装着位置を設定することができますが、左右の腕の設定はないので、設定で工夫することもできないのが残念。

IMG 4914

MISFIT RAYを使う方は、このあたりのデータも気にしながら使う必要がありそうです。

MISFIT RAYの電池を交換した – penchi.jp

スポンサーリンク

シェアする

フォローする