MacのOne Driveアプリがやっとアップデートされて、クラッシュ問題が解決した

Ec odmac

8月下旬に公開されたアップデートをすると、クライアントアプリがクラッシュして使い物にならなかったMacのOneDriveアプリが、やっとクラッシュ問題を解決したアップデート公開です。

1ヶ月以上かかってやっと・・・待ち遠しかったです。

スポンサーリンク

クラッシュ問題が改善されたMac用OneDriveアプリが公開されました

それは8月下旬のことでした。

Mac App Storeのアップデートは自動にしてあったので、アップデートが公開されたアプリは次々とアップデートされるのですが、OneDriveのアプリのアップデートもいつものように実施されました。

しかし・・・その後起動したOneDriveアプリは起動したと思ったら終了してしまう現象が発生。

@penchiのところでは、個人用のOneDriveは無事で、OneDrive for Businessのアプリが終了してしまいます。

あれこれ確認してみても原因はわからず・・・結局はアプリのバグのようです。

OneDriveのMacアプリ最新版でOneDrive for Businessが起動しないトラブルの原因は? – penchi.jp

アプリが公開されたのが8月24日だったようですが、それから1ヶ月以上経った今日、10月1日にやっとクラッシュ問題を改善したアップデートが公開されました。

Img odmac01

ウチのMacたちは、macOS SierraをクリーンインストールしてからOneDriveはインストールしていなかったのですが、先ほどドキドキしながらインストールしてみたところ、クラッシュせずにちゃんと動いているようです。

Img odmac02

有料のサービスが使えないのは信頼性を失う

OneDrive for BusinessはOffice 365のサービスとして使っていますが、毎月980円を払っている有料サービスです。

それがクライアントアプリのバグのせいで1ヶ月以上も使えず、何のアナウンスもない(お知らせなどのメール等一切なし)のは、マイクロソフトの姿勢を疑ってしまいます。

いや、マジでDropbox Proの導入考えましたもん!

マイクロソフトとしてはなんだかんだ言ってもWindowsメインなんでしょう。しかし、Macユーザーも無視できないレベルの数になってきてるから対応しました・・・的なやっつけ仕事のような印象が。^^;

とりあえず、今回のバージョンでは無事に動いているようですが、アプリの挙動にドキドキしながら使うなんて、おかしなことですよね。

今後は二度とこんなことがないように、品質管理をきちんとして欲しいです。

OneDrive

無料
(2016.10.01時点)
posted with ポチレバ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする