パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

iPhone・iPad

iPhone 7購入の前に 最適な容量を確認する方法

投稿日:

Ec ip7

 

iPhone 7の予約が始まりました。

@penchi早速予約しましたが、今回はiPhone 7のラインナップで容量に変化があったので、どの容量のものにするかを再検討しました。

 

iPhone買替時に最適な容量を確認する方法

iPhone 7では、32GB、128GB、256GBという容量でラインナップされてきました。
iPhone6・6sでは、16GB、64GB、128GBだったので、買替時に容量を再検討する必要があります。

果たしてどの容量が合っているのか? 今使っているiPhoneから簡単に試算する方法があるので紹介します。

 

iPhoneの現在の容量を確認する

iPhoneの「設定」から「一般」をタップします。

Img ip01

 

「一般」から「ストレージとiCloudの使用状況」をタップします。

Img ip02

 

ここの「ストレージ」で、今使っているiPhoneの使用状況が確認できます。

Img ip03

 

使用状況から最適な容量を試算する

試算のポイントは「使用済み」の容量ではなく「使用可能」の容量です。

Img ip04

 

@penchiのiPhoneは64GBなので・・・

64-33.4=30.6 ということになり、30.6GB使用していることになります。

 

使用済みは21.7GBじゃん! と思いがちですが、使用済みはアプリとそのデータで使用してる容量で、iPhoneの全体的な使用容量はiOSの容量も加えて考えなければなりません。

そのため、iPhoneの容量ー使用可能な容量=実際の使用容量 という式で計算します。

 

最適な容量は?

@penchiのiPhoneを例にすると、現時点で30.6GB使用しているので、32GBではギリギリになってしまいます。

アプリやデータを削除しても、使っているうちに増えてくるのは目に見えてますので、32GBで使い続けるのは相当厳しいでしょう。

ということで、32GBの上の容量・・・iPhone 7では128GB ということになります。

64GBで充分なのですが、iPhone 7には64GBがありませんので、128GBを選ぶしかないですね。

 

iPhone 6sに買い替える時は32GBで十分だけど、32GBがないから64GBにした・・・という経緯がありますが、結果的に64GBで正解でした。32GBでは容量を気にしながら使っていなければならなかったですね。

今回もそうなったりして?

最近はアプリの容量も大きいし、カメラの性能が上がって、写真のサイズも大きくなってますので、容量には余裕を持って考えたっほうがいいですね。

 

iPhone 7では容量のラインナップが変わっていますので、機種を選択する際はカラーとともに容量にも十分気をつけて選択するようにしましょう。

 

ソフトバンクオンラインショップでiPhone 7を予約した - penchi.jp

 

 

-iPhone・iPad
-

Copyright© penchi.jp , 2017 AllRights Reserved.