パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

Mac

Mac miniでトラブル発生! で、データをクラウドに置くメリットを実感した

投稿日:

IMG 4451

 

今日は朝からMac miniのトラブルで、急遽再インストールをすることになったのですが、その作業の中でデータのバックアップを一切心配することなく、一気に作業にかかれたのは、データがすべてオンラインストレージにあったため。

改めてデータをクラウドに置くメリットを実感したのでした。

 

突然のMac miniトラブル

今朝、朝のメールチェックなどを終えて、さぁ、仕事しよー! と思ったら、Mac miniのレインボーカーソルがくるくる回って、Macが使い物にならない状態に・・・。

再起動やセーフブートを試みるも事態は改善せず・・・今日は仕事にも余裕があるので、ここは一発、再インストールを実施!

個人的にこの手のトラブルが起きたら、原因を元から絶つために再インストールすることが多いです。

運用システムも変わって、アプリの出し入れもあったので、いい機会・・・ということで、思い切って実施しました。

 

データのバックアップは不要

OSの再インストールということになると、心配なのはデータの扱いですが、ウチのMacやPCではデータはすべてオンラインストレージ、もしくはNASに置くことになっているので、パソコンのローカルにあるデータはほとんどありません。

唯一、Mac Book AirにあるiTunesのデータくらいかな?
これも週一で外付けHDDにバックアップしています。

という環境なので、いきなり再セットアップを実施してもOKなわけです。

 

今回はcommand + Rで起動して、ストレージを初期化、再インストール、そこにアプリ等をインストールという手順。

普段からシンプルに使うようにしているので、ややこしい設定もしていないため、Timemachineでのバックアップもしてません。
・・・バックアップしてても復元に時間かかるのやだし。^^;

クリーンインストール大好きな@penchiは一から設定するのが基本です。

 

そんな@penchiにとって、データをクラウドに置くというのは必須なわけで、再インストール後にOneDriveとDropboxをインストールして設定すれば、あとは自動的にデータが戻って完了!

・・・あぁ、快適!

使用頻度の少ないデータはNASに置いておくので、クラウドでの復元もしないから、オンラインストレージのデータ復元も短時間で済みます。

※NASの方ではクラウドバックアップしています。

オンラインストレージと同期できるNAS Synology DS216jを導入した - penchi.jp

 

データをクラウドに置くのは、他のパソコンやスマホとの同期のためだけではなく、こういったバックアップ的な意味合いでも有効です。

今回は改めてそれを実感しました。

 

 

-Mac
-

Copyright© penchi.jp , 2017 All Rights Reserved.