penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

iPhoneのNight Shiftは就寝時間を知らせる機能としても有効

   

P1100601

 

iOS 9.3で搭載された新機能 Night Shift。

LEDのブルーライトを軽減してくれる機能ですが、スケジュール設定で指定時間帯を有効にすることができます。

この機能、目に優しいだけではなく、就寝時間を知らせる機能としても有効だというのを知っていますか?

 

Night Shiftは就寝時間を知らせる機能として有効

寝る前に液晶モニターを見ていると睡眠の質が落ちるといわれていますが、その大きな原因は液晶画面のブルーLEDだそうです。

最近のスマホやタブレットはブルーLEDの刺激を軽減するモードを搭載しているものが多くなりましたが、iPhoneのNight Shiftも同様の機能です。

 

Night Shiftのスケジュール設定で快適睡眠をサポートする

iPhoneのNight Shiftにはスケジュール機能があり、Night Shiftを有効にする時間帯を指定できます。

Night Shiftの詳細設定へ入るには、まず「設定」から「画面表示と明るさ」をタップします。

Img ns01

 

次に「Night Shift」をタップします。

Img ns02

 

「Night Shift」では、時間指定やNight Shif有効時の画面の色温度などを設定できます。

Img ns03

 

時間指定では「日の入りから日の出まで」なんて設定もOK。

Img ns05

 

寝る時間に合わせたスケジュール設定をする

@penchi は大まかな目安として、遅くとも23時過ぎには寝ようと思っているので、23:00-6:00 で指定しています。

Img ns04

 

こうすると、寝る前にiPhoneを使っていても、23時になると画面がNight Shiftモードに変わるので「あ、寝る時間だ!」と気がつきます。

@penchiはベッドに入ってからiPhoneであれこれチェックしてることが多いので、この機能はかなり有効なのです。

寝る前にiPhoneを使っていて寝不足になる・・・なんてことがある方は、Night Shiftのスケジュール機能を利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 - iPhone・iPad