iPhoneのメモはDrafts経由Ulyssesが定番の流れになった

Hd dful

UlyssesがデジタルツールのINBOXになっている@penchiですが、iPhoneの場合はUlyssesに送る前のツールとして、Draftsを使っています。

スポンサーリンク

iPhoneのメモはDrafts経由Ulysses

iPhoneのメモは色々使ってきましたが、最近はDrafts 4に落ち着いています。

メモを連携させたサービスに送ることができ、MarkDownにも対応している点が気に入ってます。

そういうわけで、iPhoneでメモをする際はDraftsを使うことが多いです。

iPhoneでの入力はあまり得意ではないので、短文や場合によっては単語のみのことも・・・。
要は忘れないようにすることが目的なので、自分があとから思い出せればOK。

Draftsは複数のメモを蓄積できるので、後から開いて書き足すこともできます。

Img dfus02

DraftsからUlyssesに送る

送りたいメモを開いて、右上の四角いアイコンをタップします。

Img dfus01

Draftsに設定した送り先一覧が表示されるので、送り先をタップします。
送り先は自分で設定することができます。

Img dfus03

Ulysses /INBOX ・・・ をタップすると、Ulyssesが起動し、受信の中にDraftsから送られたメモが表示されます。

Img dfus04

Ulyssesに送られたものは、iCloudで同期してMacでも扱えるので、本格的な編集はMacですることが多いです。

Draftsの送り先は自分で設定できる

Draftsの送り先は自分で設定することができます。
Draftsのサイトでレシピが公開されているので、それを利用すれば簡単に設定できます。

@penchiは必要最低限の送り先を設定しています。

Img dfus05

まとめ

Draftsは複数のメモが蓄積できるので、とりあえず思いついたことをメモしたい、というものを次々と書いていけるのがいいです。
読み返していらないものは削除しますし、複数のメモをコピーして1枚のメモにすることもあります。

そうしてある程度まとまったらUlyssesに送り、送ったものは削除・・・だからDraftsに溜まっているメモはあまりありません。
iPhoneのテキストデータのINBOXといった位置づけでしょうか。

DraftsはiPadでも使えるユニバーサルアプリで、データはiCloudを使ってiPhoneアプリと同期させることができます。

エディタとしてはちょっと高いかな?と思う価格かもしれませんが、連携機能やiPadでも使えるという点を考えると、妥協できる価格ではないかと・・・。

Ulysses

3,000円
(2016.05.03時点)
posted with ポチレバ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする