パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

ブログ

エックスサーバーからロリポップへWordPressのお引っ越し

投稿日:

今使っているエックスサーバーの更新期限が来月に迫り、サーバー移転を検討しました。

去年、ロリポップがプランを変更し、従来単独で運営してたチカッパを、チカッパプランとして追加しました。
さらに容量をアップし、マルチドメインとサブドメイン、複数データベースが利用できるようになったので、有力候補に。

品質としてはエックスサーバーが上なのはわかりますが、現在運用している環境では、ロリポップでも間に合うと思います。

価格も月額500円と、エックスサーバー(X10プラン)の半額なのも魅力。

・・・ということで、サーバーを引っ越すことにしました。

ロリポップの契約とドメインのDNS変更

引っ越し先のロリポップの契約をし、ドメインDNSをロリポップのものに変更します。

DNSの変更は24〜72時間程度かかるので、そのつもりで。



エックスサーバーのデータバックアップ

サイトはWordPressで運用しているので、必要なデータのバックアップをします。

・WordPressが入っているフォルダを、FTPで丸ごとダウンロード

・データベース(MySQL)のデータエクスポート

サーバのコントロールパネルから、MySQLの管理画面に入って、MySQLのエクスポートをします。

1.エクスポートをするデータベースファイルを選択

2.構造 の項目はすべてチェックを入れる

3.ファイルに保存する にチェックを入れ、圧縮はなしにする

4.実行する をクリックすると1つのファイルが書き出されます

Wp001

wp-config.php の書き換え

ダウンロードしたWordPressのフォルダにある wp-config.php ファイルの、データベースに関する記述を、新しいサーバーで設定したデータベスの値に書き換えます。

Wp002

ロリポップへアップロード・インポート

・FTPでWordPressのファイルをすべてアップロード

・データベースのインポート

新しいサーバーのコントロールパネルから、MySQLの管理画面に入って、先にエクスポートしたデータベースのファイルをインポートします。

今回のロリポップのMySQL管理画面では、最大16MBまでのファイルをインポート可能ですが、サーバーによってはインポーするファイルサイズの上限が小さい場合があります。

この場合は、エクスポートの際に、いくつかに分割してエクスポートすると対応できます。(ファイル名は任意で変更してOKです。)

動作・表示確認

DNSの設定変更が反映されていれば、新しいサーバーのWordPressサイトが表示されますので、動作・表示確認をします。

DNSの変更は環境によって差があります。

なかなか反映されない場合は、Google Public DNS に設定してみるのもいいでしょう。



-ブログ
-

Copyright© penchi.jp , 2017 All Rights Reserved.