Sublime Text、Atom、Brackets 3つのエディタを使って感じたこと

Ec edt

プログラマーではないのですが、エディタ好きの @penchiです。

Windowsでは秀丸エディタ1本で20年!

2010年頃から本格的にMacを使うようになり、WindowsとMacで同じ環境で使えるエディタを探して試行錯誤していました。

スポンサーリンク

Sublime Text、Atom、Brackets

@penchiのエディタを使う目的は主に下記の2点。

  • メールマガジンの原稿作成
    仕事で発行しているメールマガジンが2種あり、毎週1本ずつ記事を書いて発行しています。
    エディタのプロジェクト機能を使ってバックナンバーも管理しています
  • ウェブサイト制作時のコード修正
    主にWordPressでサイトを制作するので一からコードを書くことはありませんが、コードの修正等で頻繁に使います。

その他、ブログの下書きで使ったり、最近はMarkDownを覚えたいのでその目的でも使い始めました。

がんがんプログラミングをするわけではないのですが、Emmetを使ったコード入力や、エディタ自体の軽快な動作が好きで、手放せないツールになっています。

Sublime Text

恋に落ちるエディタ・・・ということで人気のエディタです。

@penchiも2014年春くらいから使い始め、挫折しつつ、なんとか自分なりに使える環境を作ることができ、このブログでも度々記事を書いてきました。

Sublime Textについての記事まとめ – penchi.jp

Sublime Text: The text editor you’ll fall in love with

Sublime Textのいい点

なんといっても軽快な動作!これが最大の魅力です。さらにユーザーが多いため、情報も多く、専門の書籍も出ています。

拡張機能もめっちゃ充実しています。(この点は他のエディタも同様です。)

Sublime Textの残念な点

使い続けるには有料(70ドル)です。支払いをしなくても時々メッセージが出るくらいで制限はないのですが、やはり心理的にモヤモヤするので・・・。

英語アプリなので慣れるまでは何かと大変でした。(日本語化することも可能。)

日本語に弱いという点は、拡張機能でカバーできますが、Windowsではイマイチ、スマートじゃないんですよね。

あと、原因不明ですが、パッケージ関連でエラーがメッセージが出る時がありました。

Brackets

PhotoshopやIllustratorでお馴染みのAdobeが開発、提供するエディタです。

Adobeが開発するエディタということで、試用してみました。

Brackets – A modern, open source code editor that understands web design.

Bracketsのいい点

無料です。Mac版、Windows版両方とも無料で利用できます。

日本語化されているので、インストールした直後から日本語メニューで利用できるのはうれしいですね。この手のアプリでは珍しい。

Bracketsの残念な点

一番ひっかかったのが、ファイルを保存しないとファイル形式を指定できないこと。
HTMLやCSS、MarkDownなどの形式は保存前には指定できないのは、ちょっとやっかい。

@penchiは一時的にコードを書く場として使う際、保存するまでもないことが多いので、これは結構ストレスを感じました。

また、起動時の読み込みにややもたつきがあるのが残念。(起動後は軽快です。)

Atom

今注目のGitHubが開発、提供するエディタです。

正式版が公開され、人気急上昇! Sublime Textから移行された方も多いとか。

Atom

Atomのいい点

無料です。Mac・Windows・Linuxのマルチプラットフォームなエディタです。

拡張機能の管理が楽な点もいいですね。英語アプリですが日本語化もできます。

MarkDownのプレビュー機能を標準で持っているのもうれしいです。

Atomが残念な点

起動・動作がややもっさり。Sublime Textに比べるともっさり感が・・・。
ベータ版や正式版リリース直後にくらべると、だいぶ速くなっているので、今後の進化に期待します。

Windows版のインストールとフォント指定でツボにハマって苦労しましたが、解決した今はいい思い出。^^;;

AtomがWindowsにインストールできない原因はカスペルスキーだった – penchi.jp

Windowsで使うAtomのフォントをSource Han Code JPに変更する際に迷ったこと – penchi.jp

まとめ

各エディタとも、MacでもWindowsでも使え、プロジェクト機能もあります。

拡張機能の充実度もそれほど差がなく、@penchiがやりたいことは、どのエディタでもできました。

最終的には価格と好み・・・でしょうか。

@penchiは、Windowsでも問題なく使えるようになったので、全面的にAtomに移行しました。・・・Atomは無料で使えるので心理的なモヤモヤもなくなりスッキリ。^^;

エディタはパソコンのアプリの中では使用頻度の高いアプリなので、自分が気に気に入ったアプリをスッキリした気持ちで使っていきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする