Fireタブレット Fire OS 5.1.1でBlue Shade機能が付いた

Ec ft

 

今朝、ふと目が覚めて枕元のFireタブレットを見ると、Fire OS 5.1.1 リリースのお知らせが表示されました。

自動でアップデートが実施され、すでに Fire OS 5.1.1になっているようです。

 

スポンサーリンク

Fire OS 5.1.1 で追加された新機能は2つ

Fire OS 5.1.1では、Blue Shadeと、アクティビティセンターという2つの機能が追加されました。

アクティビティセンターは子どもの仕様情報をチェックしたり、制限できる機能です。

注目なのは、Blue Shadeという機能。

Img ft001

 

FireタブレットのBlue Shadeを試す

Blue Shadeは、目によくないと言われる液晶画面の青色光を調整し、寝る前の暗い部屋での目の負担を軽減する機能だそうです。

Fire OS 5.1.1がインストールされたFireタブレットで、ウインドウの上部から下へスワイプをして、メニューを表示すると、Blue Shadeという項目があります。

Img ft002

 

Blue Shadeのアイコンをタップするとオンになり、画面の色ががらっと変わります。

Img ft003

 

Blue Shade – オン の表示をタップすると、画面の明るさと色を調整できます。

Img ft004

 

試しに読みかけの本を開いてみるとこんな感じ。

Ing ft006

この写真では変な色合いに感じますが、実際に暗い部屋で表示してみると、液晶特有のギラギラした感じがなく、目に優しく感じます。

これが通常の色合い。

Ing ft007

 

液晶の青色光が目によくないだけでなく、寝る前に液晶画面を見つめていると、睡眠の妨げになると言われていますが、FireタブレットのBlue Shade機能を使えば、あまり負担に感じることはないので、暗くした部屋で布団に入ってから、ツラツラ本を読むにはいいかもしれません。

最近は寝落ちすることも多いのですが^^;; @penchiは、寝る前に本を読むことが多いので、この機能はありがたいです。 実際に夜寝る前に読んで試してみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする