iPhoneのTwitterアプリの動画自動再生を制御してデータ通信量を抑える

P 20151102 130644

 

iPhoneのFacebookアプリのデータ通信量を抑える記事を書きましたが、Twitterアプリでも同じように、動画自動再生機能があるので、これを制御してデータ通信量を抑えることができます。

iPhoneのFoacebookアプリの動画自動再生を制御してデータ通信量を抑える | penchi.jp

 

Facebookアプリの動画自動再生をWi-Fi接続のみに設定する

Twitter公式アプリでは、タイムラインの動画を自動再生する機能があります。

動画再生はデータ通信量も多く、表示しただけで再生されてしまうのは、無駄も多いかと思います。

そこで、動画自動再生はWi-Fi接続のみ有効に設定変更します。

 

iPhoneのTwitter公式アプリを起動したら、ウインドウ右下にある「アカウント」をタップします。

IMG 2761

 

アカウントの上部中央にある歯車のアイコンをタップします。

IMG 2762

 

メニューが表示されるので「設定」をタップします。

IMG 2763

 

「設定」にある「動画を自動再生」の項目をタップします。

IMG 2764

 

「動画を自動再生」の設定で「Wi-Fiのみ使用」をタップします。

IMG 2765

 

これで設定完了。

IMG 2766

 

タイムラインに動画が表示されても、自動再生はせず、不用意にデータ通信量が上がることを抑えることができます。

Twitter公式アプリを利用している方は、ぜひチェックしたい設定です。

 

Twitter

無料
(2015.11.02時点)
posted with ポチレバ

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする