penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

Windows 10アップグレードを通知するアイコンや表示を消す方法

   

Ec 10

 

Windows 7や8.1のパソコンを使っていると、「Windows 10にアップグレードしろよ!」というウインドウがポコポコと表示されうるさいです。

理由があってアップデートしないと決めていると、本当に余計な表示で、仕事中に出られるとイラッときます。・・・こういう強引さがマイクロソフトが嫌われる理由でもあるな。

Img win10 2

そんな、イラッとくるWindows 10アップグレードを促す表示を消す方法があります。

 

Windows 10アップグレード通知を消す方法

対象になっているパソコンにはタスクバーにWindowsアイコンが表示されています。

Img win10 1

このアイコンは、Windowsアップデートで提供されている KB3035583 というプログラムがインストールされると表示されます。

Windowsアップデートで容赦なくインストールされてしまうのですが、これを削除すればアイコンも表示も出なくなります。

 

KB3035583を削除する

コントロールパネルのシステムとセキュリティから「Windows Update」をクリックします。

Img win10 3

 

「Windows Update」の左下にある「インストールされた更新プログラム」をクリックします。

Img win10 4

 

インストールされた更新プログラム一覧から KB3035583 を見つけたら、指定してアンインストールを実施します。

Img win10 5

 

アンインストールには少し時間がかかります。

Img win10 6

 

作業が済むと再起動を求められるので再起動します。

Img win10 7

 

再起動してデスクトップが表示されると、タスクバーには、これまであったWindowsアイコンが表示されません。

Img win10 8

 

KB3035583が再度インストールされないように設定する

削除したKB3035583は、インストールされていないのを確認すると、Windows Updateを使って再度インストールしようとしますので、そうされないための設定をします。

Windows Updateのウインドウで「更新プログラムの確認」をクリックし、改めて更新プログラムをチェックします。

Img win10 9

 

チェックが済むと、KB3035583が表示されています。

Img win10 10

 

このままでは、またインストールされてしまうので、KB3035583を右クリックし、表示されたメニューから「更新プログラムの非表示」をクリックします。

Img win10 14

 

これでKB3035583はインストールされなくなります。

Img win10 11

 

再度表示させる事も可能

非表示にした更新プログラムは、Windows Updateの「非表示の更新プログラムの再表示」から再表示させることができます。

Img win10 12

 

先ほど非表示にした、KB3035583があります。
ここでチェックを入れると、再表示し、インストールすることができます。

Img win10 13

 

まとめ

上記の手順を踏んでも再度表示された・・・という場合は、何らかの理由でKB3035583がまたインストールされてしまっていますので、再度同じように削除すればOKです。

ネットバンクや業務用のソフトやウェブサービスなど、まだWindows 10に対応していないものもあり、Windows 7や8.1で利用し続けるパソコンもたくさんあります。@penchiのところでも、業務用の1台はしばらくWindow 8.1のまま使い続ける予定。場合によってはアップグレードしない可能性もあります。

こういった場合は、アップグレードの表示を出ないようにしてしまうとスッキリしていいですね。

 

 - PC