penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

MacにOS X El Capitanをクリーンインストールための復元ディスクを作成する方法

   

IMG 2552

 

Macの新OS、OS X El Capitanがリリースされ、インストールされた方もいらっしゃると思います。

@penchiも3台のMacすべてにEl Capitanをインストールしましたが、すべてクリーンインストールをしました。

OS X El Capitanをクリーンインストールする方法 | penchi.jp

最近はメディアでOSが提供されず、インターネット経由の配布が中心。

Macの場合、起動しているMacがあれば、Mac App Storeでダウンロードし、インストールすることができます。

別の方法では・・・インストールされているバージョンのOSであれば、[command] + R で起動し、インターネットリカバリーでインストールすることもできます。

 

しかし、HDDが故障して新しいHDDに交換してインストールする場合などは、ストレージにOSが入ってないので起動することもできず、上記の方法は使えません。

また、OS X Yosemiteで動いているMacに、一発でOS X El Capitanをクリーンインストールしたい、といった場合もあるかと思います。(←@penchiはこれがメイン。)

そんな時に利用するのが、復元ディスク を使う方法です。

 

OS Xの復元ディスクを作成する方法

OS Xの復元ディスク作成には、Appleが配布する OS X 復元ディスクアシスタント と、USBメモリが必要になります。

OS X 復元ディスクアシスタント は、下記のページからダウンロードできます。

※写真や表記はOS X Lionのものですが、Lion以降のOS Xで利用できます。OS X El Capitanでも利用OKです。

OS X 復元ディスクアシスタント

 

USBメモリはあらかじめMacで起動できるドライブとしてフォーマットしておきます。

OS X El Capitanでは、4GBのUSBメモリが必要でした。

M005

 

復元ディスクを作成する

ダウンロードしたファイルをクリックして解凍します。

M001

M002

 

復旧ディスクアシスタント をクリックして起動します。

復元ディスクアシスタントのはずなのに、プログラムの表記は復旧ディスクアシスタント、というのは微妙に混乱してますね。ここでは復元の表記にします。

M003

 

USBメモリを挿入し、指定したら「続ける」をクリックします。

M004

 

復元ディスクの作成が始まります。

M006

M007

 

少し待つと復元ディスクが作成されます。

M008

 

復元ディスクの利用方法

Macの電源を切った状態で、復元ディスク(USBメモリ)を挿入します。

IMG 2580

 

Macの[option]キーを押しながら電源を入れます。

IMG 2581

 

Macに 復旧-10.11 というUSBマークの付いたドライブが表示されますが、これが復元ディスクになりますので、これを指定して起動すれば、インストールができます。

IMG 2582

 

クリーンインストールをする場合は、ディスクユーティリティを起動し、ストレージをフォーマットし、その後、再インストール を実施すればOK。

何らかのトラブルで起動しなくなった場合は、フォーマットせずに再インストールすれば、復元できます。

 

旧OS Xの復元ディスクがあれば、旧OS Xをインストールすることも可能です。

IMG 2584

IMG 2583

 

@penchiは、パソコンの修理を仕事にしているので、念のため旧OS Xの復元ディスクも保存しています。

IMG 2585

 

まとめ

クリーンインストールの目的以外でも、いざというときに使う機会があるかもしれないので、復元ディスクは作っておいて損はないと思います。

一旦新しいOSにしてしまえば、インターネットを利用して再インストールができますが、ストレージの交換の際は、復元ディスクは必須。

備えあれば憂いなしということで・・・。

 

OS X:復元ディスクアシスタントについて - Apple サポート

OS X 復元ディスクアシスタント

 

 - Mac