Sublime Text にインストールしているパッケージ

Ec subl

 

相変わらずエディタはSublime Text 3を使ってます。

Atomとか他のエディタも試用してみましたが、個人的な好みでイマイチ馴染めず、Sublime Textに落ち着いています。

@penchiは、ガリガリとコードを書くプログラマーではなく、メルマガ原稿書きのテキストライティングや、既存のCSSやHTMLのコードをチョロッといじる程度のプログラマーのまねごとレベルのユーザーですが、それでも便路に使うために、数種類のパッケージをインストールしています。

Sublime Text: The text editor you’ll fall in love with

 

Sublime Textにインストールしているパッケージ

パッケージコントロール

005

Sublime Textをインストールしたらまずはこれを入れます。
パッケージのインストールや削除等の管理をします。

Sublime Textにパッケージコントロールをインストールする | penchi.jp

Sublime Textを使う上で、これだけは覚えておきたいパッケージコントロールコマンド | penchi.jp

 

Emmet

001

プログラムを書く際のコード入力を補佐してくれる便利なパッケージ。
HTMLやCSSをいじる機会があるので重宝しています。

Emmetをインストールすると、PyV8というパッケージもインストールされます。

007

Sublime Text と Emmet でハマったこと | penchi.jp

 

Convert To UTF8

009

Windowsマシンのテキストでは定番の文字コード Shift-JIS で書かれたテキストを読むためのパッケージです。

Macでは、Convert To UTF8に加えて、Code CS 33というパッケージをインストールする必要があります。
・・・最初、これがわからなくてShift-JISのテキストを読めないと、さまよった経験があります。

008

※Windowsでは、Code CS 33は不要です。

Sublime TextでShift JISが文字化けする時にすること | penchi.jp

 

Omni Markup Previewer

002

MarkDown記法でプレビューするためのパッケージです。

@penchiはMarkDown記法についてはこれから勉強するところですが、Sublime TextでMarkDownを使うには欠かせないパッケージと聞いているので、インストールしました。

 

Trailing Spaces

003

これもMarkDown絡みで、半角スペースを色分けしてくれるパッケージです。

 

IME Support

004

Sublime TextのWindows版で日本語入力する際、初期状態ではインライン入力ができないのですが、このパッケージをインストールすると、インライン入力ができるようになります。
Windows版では必須のパッケージです。

 

プログラマーのみなさんのように使いこなしているわけではありませんが、それでもSublime Textとパッケージの組み合わせで、かなり便利になり、省力化にもなっています。

似たような機能を持つエディタもいくつかありますが、@penchiがSublime Textを手放せない大きな理由のひとつに「起動の速さ」もあります。

サクッと起動してパッと使える・・・エディタには欠かせない機能です。Sublime Textのサクサク感を経験するとやめられない・・・。

 

Sublime Textは日本語化もできます

Sublime Textは初期状態では英語ですが、日本語化することもできます。

@penchi は、現在は日本語化していませんが、お好みで日本語化して使うのもアリですね。

Sublime Text を日本語化した際の基本設定メニュー | penchi.jp

Sublime Text: The text editor you’ll fall in love with

 

Sublime Textをしっかり使いたいなら、Sublime Textの教科書 がおすすめ!
@penchiも手元に置いて使ってます。

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする