Windows 10 Technical Preview をインストールしてみた

P1080743

Windows 10の発売は7月下旬という噂もあり、仕事柄チェックしておかなければならないので、現在リリースされているテクニカルプレビュー版をインストールして試すことにしました。

「Windows 10」正式版は7月末の公開か AMDが業績発表でコメント – ITmedia エンタープライズ

Windows 10 Technical Preview の入手

Windows 10 Technical Preview は、マイクロソフトの下記の、Windows Insider Program サイトから入手できます。

ホーム ページ – Windows Insider Program

マイクロソフトアカウントでWindows Insider Programにサインインすれば誰でも利用することができます。

アクセスしたパソコンをそのままアックグレードすることもできますが、今回はISOファイルをダウンロードし、インストールDVDを作成、新規インストールを実施しました。

Windows 10 Technical Previewをインストールする

今回インストールするパソコンは、2008年に発売された富士通のノートパソコン FMV NFC40です。

CPUはCeleron T1600(デュアルコア)、メモリは4GB(2GBから増設済み)、HDDは250GB、出荷時のOSはWindows Vistaでした。

今となっては貧弱な性能ですが、この仕様でどの程度動くのが試してみます。

作成したインストールDVDを入れ、DVDから起動すると、Windows 8と同じようなインストールプログラムがあらわれました。

P1080732

4月25日にダウンロードして作成したインストールプログラムのビルドは10041です。

P1080733

最新のビルドは10061ですが、これはインストール後にストアを通じてアップグレードできるようになっているそうです。

山市良のうぃんどうず日記(33:特別編):Windows 10プレビュー版、最新ビルド「10061」はUI改善が中心、メール/カレンダーアプリも新しく – @IT

インストールは特にトラブルもなくサクッと完了。ほとんど手を付けず、自動でインストールされました。

Windows 10 Technical Previewをチェックする

インストール後表示されるのはデスクトップ画面。Windows 8のようなスタート画面ではありません。

P1080742

復活したスタートメニュー。

P1080734

スタート画面はなくなり、スタートメニューが復活しました。

テクニカルプレビューは、Windows 10 Proです。

P1080735

FMV NF40Cに新規インストールした状態で、認識しないデバイスは2つ。
これは富士通お馴染みの独自のものだと思いますが、特に動作に支障はないはずなので、取りあえず放置します。

P1080736

新ブラウザのSpartanは、Build 10049からということで、今回インストールしたビルドには入っていません。

いずれアップデートして使ってみるつもりです。

P1080737

スタートメニューは、Windows 8のスタート画面のように自分の好みに設定できます。

P1080740

Windowsの設定が集約するコントロールパネルは、従来のスタイル。ちょっと安心しますね。

P1080741

気になる動作スピードは、予想以上に快適。Vista時代のマシンでも十分実用になる動きです。

Windows 7が動くマシンなら、アップグレードしても快適に使えると思います。

インストール後、プリンタのインストールをしましたが、キヤノンのMG7130、コニカミノルタの複合機 c224eは、Windows 8.1のドライバで問題なくインストール、動作しました。

今後、ビルドのアップデートやOfficeのプレビュー版などを入れて、さらにテストしてみようと思います。

ホーム ページ – Windows Insider Program

スポンサーリンク

シェアする

フォローする