パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

Mac

青いヤツは10倍速い? USB 3.0機器を導入しました

投稿日:

P1080656

 

仕事用のサーバーを廃止し、OneDriveに移行をした関係で、あれこれとPC周りの変更作業を実施中です。

メインマシンのMac miniも120GBのSSDから240GBのSSDに換装。(買った時は1TBのHDDでしたが、3ヶ月も使わず、SSD化しました。)

バックアップ等に利用するため、外付けHDDを新調したのですが、やはりイマドキなのでUSB3.0になります。

2.5インチの1TB、インターフェイスはUSB3.0です。

P1080659

 

Mac mini(Late 2012)のUSBポートは3.0なので、性能を活かすことができます。

ただ、ポート数が足りなくなるので、USBハブもあわせて導入。

P1080657

 

こちらもUSB3.0対応のハブ・・・端子部分が青いのがUSB3.0の証。

P1080658

 

HDDの端子も青です。

P1080661

 

USB3.0とUSB2.0の違い

USB3.0は青、USB2.0は黒と端子の色が違いますが、違いは色だけでなく、転送速度が大きく違います。

USB2.0・・・480Mbps
USB3.0・・・5120Mbps(5Gbps)

その速度差は約10倍!

大量のデータや、大きなサイズのデータをコピーしてみると、体感速度でもその差ははっきりわかります。

今回導入したのも、大量のデータを日常的にバックアップするため、少しでもスピードアップしたいからでした。

 

最近のパソコンはUSB3.0のポートを持つものが多くなっています。

ご自分のパソコンのUSB端子を見て、青い色の端子があれば、それはUSB3.0対応。
USB3.0対応のHDD等は青い端子で利用すれば、サクッと作業できますよ。

-Mac
-

Copyright© penchi.jp , 2017 AllRights Reserved.