Sublime Textを使う上で、これだけは覚えておきたいパッケージコントロールコマンド

ec-subl

最近はMacでもWindowsでも、エディタはSublime Textを使っています。

オレンジ本やネットの情報を頼りに、なんとか快適に使えるようになってきました。

パッケージコントロールはこの3つを覚えておけばOK!

Sublime Textの大きな特徴であり、魅力である豊富なパッケージ(拡張機能)ですが、マウスで操作できるような仕組みではなく、コマンドを入力し操作する方法なので、最初は戸惑ってしまいます。

しかし使っているうちに、以下の3つのコマンドを覚えておけばいいといことがわかり、ぐっと気が楽になりました。

パッケージをインストールする

Install Package

パッケージをインストールするには、[shift]+[command]+[P](Windowsでは [shift]+[ctrl]+[P])でコマンドパレットを表示し、install と入力すると、下記のように Package Control:Install Package が出るので、これを選択し、[enter]で起動します。

img-inst

あとはインストールしたいパッケージを表示させてインストールできます。

インストールされたパッケージを見る

List Package

インストールされたパッケージを見るには、[shift]+[command]+[P](Windowsでは [shift]+[ctrl]+[P])でコマンドパレットを表示し、list と入力すると、下記のように Package Control:List Package が出るので、これを選択し、[enter]で起動します。

img-list

起動するとインストールされたパッケージが一覧表示します。

img-list02

パッケージを削除する

Remove Package

インストールされたパッケージを削除するには、[shift]+[command]+[P](Windowsでは [shift]+[ctrl]+[P])でコマンドパレットを表示し、remove と入力すると、下記のように Package Control:Remove Package が出るので、これを選択し、[enter]で起動します。

img-remove

表示されたパッケージ一覧から、削除したいパッケージを選択し [enter]を押すとパッケージを削除できます。

img-remov02

インストール方法はよく紹介されているので、すぐ覚えられますが、リスト表示や削除は案外わかりにくかったです。

この3つのコマンドを覚えておけば、Sublime Textのパッケージを扱うのに困ることはないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする