パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

PC

HP EX490 に、VGAポートをつける

投稿日:2011/10/17 更新日:

HPのWindowsHomeServer EX490は、リモート接続しかできない仕様です。

WindowsにはLANで接続されたPCでリモート接続するスタイルで、再セットアップもLANケーブル(クロスケーブル)で、直接PCをつないで実施します。

これは案外面倒で、時間もかかり、メンテナンス性が悪いです。

そこで調べてみると、EX490にVGAポートをつけることができるということなので、早速トライ!

VGAポートとケーブルは、制作されている方がいらしたので、Yahoo!オークションで入手しました。

まずはEX490を分解します。

P1010192.JPG

前面のドアを外すまでは簡単です。

P1010194.JPG

P1010195.JPG

側板はHDDを外して、内側から見ると、側板のツメがあるので、それを押して外します。

P1010196.JPG

側板が外れました。

P1010197.JPG

次は天板。内部上面に黒い突起があるので、これを押して外します。

P1010198.JPG

本体内部、冷却ファンの手前にあるHDDコネクタのある基板を上部に引き抜き(写真取り忘れました^^;;)、メインの基板と電源のセットを引き出します。

P1010200.JPG

VGAポートは写真上部のコネクタを使います。

P1010201.JPG

VGAポートのコネクタを装着し、ケーブルを固定します。

P1010203.JPG

ケーブル先端は上部に取り出し、HDDコネクタのある基板を装着しますが、位置関係は下記のようになります。

P1010205.JPG

VGAポートは天板の裏につけます。
既存の穴を使ってネジをつけ、右側面の突起に合わせてブラケットを取り付けます。

P1010208.JPG

P1010209.JPG

P1010210.JPG

ウチではHDDを2台、多いときでも3台までしか使わない予定なので、HDDベイを使った前面取付にしました。

最上部のHDDベイを使う方は、ケーブルを本体背面に出す後部取付も可能です。(ケーブルはフラットケーブルなど、仕様が異なります。)

VGAポート取付が完了したら、HDDを装着しテストします。
VGAポートにモニターを接続し、キーボードとマウスはUSBポートに接続します。

電源を入れると、無事、WindowsHomeServerの起動画面が表示されました。

P1010211.JPG

起動後は、一般的なパソコンのように操作することができます。

P1010216.JPG

EX490を単独で起動、操作できるようになると、トラブル時のメンテナンスなども格段に楽になります。

リモート接続しかできない場合は、接続できなくなったらアウト。再セットアップしか道はありませんが、直接操作できれば、そこで修復も可能です。

さらに、サポート外になりますが、最新のWindowsHomeServer2011をインストールする、ということも可能になります。
(これはワタシもいずれトライしてみようと思っています。)

VGA取り付け金具の交換をしました 追記:2012年4月28日

penchi.jp - HP EX490の、VGAポート取付金具を交換した

Windows Home Server 2011をインストールしました 追記:2012年10月13日

VGAポートを取り付けたEX490に、Windows Home Server 2011をインストールしました。

ハードウェアは標準のままでも、十分利用できます。

penchi.jp - HP EX490に Windows Home Server 2011をインストールした

-PC
-,

Copyright© penchi.jp , 2017 AllRights Reserved.