penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

AndroidのEvernoteアプリにも名刺スキャン機能が付いた!

      2015/02/01

P1070990

AndroidのEvernoteアプリに、待望の名刺スキャン機能が付きました!

iPhoneアプリにはすでに搭載され、超便利に使っているのですが、Androidアプリにはなかったんですよね。

「ちぇっ・・・ iPhoneアプリだけかよ。」

と悔しい思いをしていたAndroidユーザーのみなさん、お待たせしました!

今日からガシガシとスキャンしちゃってください!!

Evernote(Google play)

 

AndroidのEvernoteアプリで名刺をスキャンしてみる

@penchiの手元には、MNP転出でSIMなしのGALAXY S3があるので、それで試してみます。

Evernoteアプリを起動し、ウインドウ右下の+アイコンをタップすると、ノートの追加メニューが開きますので「カメラ」をタップします。

Aev01

 

カメラが起動すると、下部にカメラのメニューがあります。
メニューはスワイプできます。

Aev02

 

スワイプして右端にある「名刺」をタップします。

Aev03

 

名刺を撮影します。

Aev04

 

撮影すると、データを変換する間があって、読み取りが完了します。

Aev05

名前、電話番号、メールアドレス、住所等がOCRで読み取られ、テキストデータとして表示されます。

Aev06

ウインドウ右下のチェックをタップすると保存されます。

 

連続読み取りもできます。

Aev07

 

Evernoteには1名刺が1ノートで保存されます。
読み取ったデータを修正したい場合は、ここで修正できます。

また、電話番号やメールアドレスの右横のアイコンをタップすれば、電話をかけたり、メールを作成して送ることができます。

Aev08

 

名刺のイメージもあわせて保存されます。

Aev09

 

Evernoteアプリで名刺を管理するメリット

名刺のデータから電話をかけたり、メールを送ったりできる

名刺のデータは単なる文字データだけではなく、電話やメールの機能と連携しています。

電話帳(連絡先)に移さなくても、Evernoteを電話帳として使うことができます。

 

検索性に優れている

Evernoteの検索性のよさは定評がありますが、それを名刺にも利用できるので、細かい仕分けは不要になります。

 

パソコンでも利用できる

Evernoteにあるデータは、Evernoteが使えるすべての環境で利用可能。

アプリでスキャンして蓄積したデータは、パソコンやタブレットなど、他の環境でも利用可能です。

 

@penchiは、しばらく前からScanSnap経由Evernoteで名刺管理をしていましたが、iPhoneのEvernoteアプリに名刺スキャン機能が付いた時から、アプリ経由Evernoteの名刺管理に変えました。

なんといってもOCRでテキスト変換ができる点がすごい!

さらにiPhoneやスマートフォンで撮影るだけなので、手間いらず。
ちょっとした空き時間にサクッと保存しておける点もGoodです。

Androidユーザーのみなさんもぜひ、Evernoteの名刺スキャン機能、使ってみてくださいね!

Evernote(Google play)

 - Evernote