MacのアドレスブックをGmailの連絡先にインポートしてみた

Mac アドレスブック 個人的なアドレス帳のメインはMacのアドレスブックです。iPhoneとの連携が一番うまくいくので、Macを購入した際に全面的に移行しました。

Gmailの連絡先でフリガナ設定が可能になったということで、MacのアドレスブックのデータをGmailの連絡先へインポートしてみました。

■Macのアドレスブック

・エクスポートしたい名前を選択(今回はすべてを選択)
・メニューの[ファイル]から[書き出す]を選ぶ
・[vCardを書き出す]をクリック
・保存先を指定して保存
・vCard という名前のファイル(複数アドレスを指定した場合)が作成される
 ※単独アドレスを指定した場合は、その人の名前のファイルが作成される

■Gmailの連絡先

・[その他の操作]から[インポート]を選ぶ
・[ファイルを選択]で、vCardのファイルを指定し、[インポート]ボタンをクリック

インポートされたデータはMacのアドレスブックで指定したグループも適用されます。(Gmail同様、ラベルで扱うようです。)

フリガナもきちんとGmailの連絡先のフリガナに適用されます。

問題は住所。

Macのアドレスブックでは

郵便番号 都道府県 市町村
番地等

と、分けて入力してありますが、これがGmailの連絡先では

番地等
市町村,都道府県,郵便番号

という並びになってしまいます。 アメリカ式?ですね。

個人的にはGmailは名前とメールアドレスがあれば問題ないので、この状態でもOKですが、メインのアドレス帳として移行する場合は、修正が必要になりそうです。

理想はGmailの連絡先をメインにしてiPhoneの連絡先と同期、iPhone経由でMacのアドレスブックに同期したいんですけど・・・Gmailの連絡先の住所の仕様が問題か?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする