penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

iPhone・iPadにトラブル発生!その時試すべきこと

   

P1070880

iPhoneが起動しない、固まった・・・なんてことがあると焦りますね。

ガラケーやAndroidスマートフォン(一部除く)では、裏蓋を外して、バッテリーを取り出せばリセットできるので、これで解決することも多々あります。

しかし、iPhoneやiPadでは、バッテリーを外すことはできないので、どうりゃいいんだ? と、オロオロ・・・。

そんな時に試すべき操作をまとめてみました。

 

iPhone・iPadが固まった!

強制終了する

iPhoneやiPadの 「スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に5秒以上の長押し をします。

固まっている状態で、これをやると、電源が切れ画面が消えるので、「スリープボタン」だけを長押しすると、電源が入り起動します。

 

電源が入らない・起動しない

スリープボタン(電源ボタン)を長押しする

iPhone・iPadでは、スリープボタン=電源ボタンであり、スリープボタンを長押しすることで、電源が入ります。

電源が切れている場合、チョンと押したぐらいでは電源が入りませんのでご注意下さい。

 

充電する

電源が入らない原因が、電池切れの場合もあります。

長期間放置され、電池が空になっている場合は、数十分程度充電しないと反応しないこともあります。

 

iTunesに接続する

電源が切れている状態で、USBケーブルでパソコンのiTunesに接続すると、自動的に電源が入ります。

 

リンゴマークが表示されたまま動かない

まずはiTunesに接続してみましょう。

iTunesに認識される場合

  • バックアップから復元する
    iTunesバックアップされたデータで復元をします。
  • 工場出荷時に戻す
    復元しても改善されない場合は、工場出荷時に戻します。
    これを実施すると、買った時の状態になり、設定等はすべて消えます。
    アプリで不具合が起きている場合は、工場出荷時に戻さないとダメな場合があります。

 

iTunesに認識されない場合

iPhone本体で工場出荷時に戻す DFUモード を実施します。

  1. iPhone・iPadをUSBケーブルでパソコンに接続します
  2. スリープボタンとホームボタンを長押しして強制終了します
  3. 電源を入れ、スリープボタンとホームボタンを10秒間長押しします
  4. スリープボタンから指を離し、ホームボタンはさらに10秒間押し続けます

上記の手順で作業をすると、パソコンに「iTunesへ接続してください。」のメッセージが表示され、iTunesが起動し接続されます。

ここまできたら、あとは復元か工場出荷時に戻すかの作業をします。

 

すべてのiPhone・iPadユーザーは、iTunesを使うべし!

上記で再三にわたって登場するのが「iTunes」です。

iPhoneやiPad、iPodのiOS端末を管理するのは、iTunesです。

音楽やムービーの管理はもちろん、バックアップやアップデート、修復作業もiTunesが行ってくれるので、欠かせない相棒なのです。

 

iPhone4以降、iPhone単独でアクティベートやアップデートができるようになりましたが、iPhone3Gや3Gsでは、iTunesがないとアクティベートすらできない(=使用開始できない)ので、ソフトバンクショップで購入する際、iTunesが動作するパソコンを持っているか、しっかりと聞かれて、同意書にサインさせられる時代でした。

@penchi は、その時代から使っているので、アップデート等もiTunes経由で行うのが基本になっています。

 

っと、余談になりましたが、そのくらいiPhoneやiPadにとって、iTunesが重要だということです。

iTunesに接続したことないiPhoneユーザーも多いようですが、ぜひiTunesを使って管理されることをおすすめします。

空き容量不足で iOS 8 にアップデートできない時はiTunesでアップデートするといいよ

iPhoneを快適に使っていくなら、iTunesでバックアップを!

iTunesストアで購入した着信音は再ダウンロードできないので注意!

 - iPhone・iPad ,